2011/06/01

想う

梅雨に咲いたほかほかの花

1530

今日届いたほかほかの奇跡の記録書のような本

「までいの力」
編集を終えて販売開始を控えた3月11日、大震災が・・・・

1533
本の帯は、5月5日の天声人語からの抜粋
「ここには2011年3月11日午後2時46分以前の
美しい飯舘村の姿があります。」

1534
「速すぎると目にはみえない
急ぎすぎるときづかない
暮らし方を変えると見えてくる・・・・・」


1536
そんな暮らしをいつくしみ、
ずっと暮らしてきた村の人たちの気持ちを想いたい・・・・。

本の詳細はこちら

それにしても、昨日、今日の国会は最悪だ・・・
あんな醜態なやりとりみたくもない!
総選挙をするとなると
700~800億円かかるというではないですか!?

そんなことをしているより復興支援に充てるべきと
多くの人は思うのではないだろうか?

交代すれば復興が急激に進むというビジョンがあるわけでもなく・・





一方、こちらの会議は一時間余りで
それぞれの思いを端的に・・・・・・
ひとり、ひとりのプレゼンも10分前後で心地よく流れている。

電田プロジェクトをはじめ、
自然エネルギー活用の構想すべてを 
諸手をあげて賛同できるものではないかもしれないけれど
建設的なビジョンが協議されることは歓迎されます。


数日前、NEWS ZEROで見た
震災の瓦礫を埋め戻しそこに広葉樹を植え、
津波に強い「森の長城」を創るという宮脇昭教授の構想。

TBS「夢の扉+」5月29日(日)放送された
渡邉信教授の「藻から石油!奇跡のエネルギー革命!」

これらの構想の実現の一部にでも700~800億円を
投入するほうが どれだけ有意義なことか・・・・・・・・・。


| | コメント (5)