2010/07/26

No.996

暑中お見舞い申し上げます。

人も植物もこの暑さにはまいってしまいますね。
1ヶ月もすれば、日差しも変わってくれる・・・・と信じて
この夏を乗り切らないとね・・・・・。

みなさん、夏バテされないようにお過ごしくださいね。

冷房中のおしらせ看板・・・・
ベタだけど・・・・悩んでいます

Img28739
ペンギンなのか・・・・(゚_。)??

Img31387
白熊なのか・・・・(゚_。)??


456
クリアスタンプに台木をつけました。

クリアだから、押す位置を確認できたり・・・
コンパクトに収納できるという利点を無視して
あえて台木に付けて使うことにしました。

459
きちんと収まる箱も見つけました v(*'-^*)-☆

457


| | コメント (12)

2009/05/04

No.831

100_5827
白牡丹です。
静夜と言う名前で入手した「白牡丹」です、と言ったほうがいいかもしれません。
というのも、なんだかピンクに染まる白牡丹とは
また別のもののような気がしてね・・・。

100_5876

連休はじまりの一昨日は近所にご不幸があり・・・・お通夜・・・
きょう3日は(もう4日ですが・・・・)告別式で1日お手伝いでした。

100_5878

故人はとてもいい方で、佳人薄命(男性なのですが・・・・)・・・
ほんとうに佳き人は早くこの世を去ってしまうものだと思いましたTT

喪主(ご長男)のあいさつでは、はじめ・・・物静かに語り始めたのですが
お父様との思い出や趣味について語りだしたときには
想いが高ぶったのか号泣・・・・、嗚咽交じりのあいさつに変わりました。
・・・・・残念でなりません・・・・・・と、

当然、式場も涙する人が・・・・
・・おいおい、そんなに泣いたら、
お父様も思いを残して安心して逝けないだろう・・・・
と、わたしも思いながらも、もらい涙です。

お若かったし・・・、突然で心の準備もできていなかったのかなぁ・・・・
と思いながらも体裁もなにもなく想いを感情に出して
号泣する彼の姿には、こちらも複雑な想いと・・・・・
体験したことのない場の空気に思わず動揺をしてしまいました。

100_5879

いろいろ・・・想い・・・考えさせられた昨日と今日のできごとでした。

| | コメント (2)

2008/12/25

No.729

100_4170

冠婚葬祭が一度にやってきたような年末を過ごしています。

昨日、イブの日は親戚の告別式に臨んでいまいたTT。

数日前は、近所の若い命(中学生)が事故で亡くなりましたTT。

メディアからも、たくさんの訃報を聞くのは・・・やはり・・・淋しいですね。

まだ、暮も押し迫った27日は結婚式もあります^^。

折に触れて、人生 順風満帆のときばかりじゃないよ。

健康を病むとき、心を病むときもあるかもしれない、

ほんとうに人生長く生きているといろいろなことがあります。

そして、大変な時代だけど・・・・・・・・・・・・・、

「頑張って生きていこうよ。」と自分にも周りにも小さく囁いてみるのでした^^。

100_4181

Tree6_1I wish you a Merry Christmas!


May peace and Joy be yours at Christmas and throughout the new year.



I hope....You'll have a good Christmas time.

|

2008/06/30

No.630

先日、オキナワスズメウリが背丈くらいまで延びたとお話しましたね。
100_2399
いつもここは背の高いワゴン車(自家用)が邪魔していて
なかなか植物の写真も撮れないのですが今日は撮れたのでUPしてみました。
ずいぶん、ラティスをのぼったでしょ!?

100_2401
そして、少し前記事にしたポット・・・、
全体像がみたいというリクエストに応えて撮ってみましたよ。

多肉は高砂翁・クラバータ・フーケリー・黒法師・夕映え・七福神・
白牡丹・秋麗・虹玉などが植わっています。

...................................................................................................................

100_2434
先月、ふとしたことで京都に居た時代を一緒に過ごした友人と
何年ぶりかで電話で話す機会がありました。

その友人からきょうは手紙が届きました。「アン」の記念切手を貼って・・・、
手紙に記念切手を貼ることを教えてくれたのも彼女です^^。

そうなのです私の誕生日を覚えていてくださったのです。
こんなリーフレットと一緒に・・・・・・・・・・・・・(感謝)。
そう・・・、彼女はクリスチャンなのです。

彼女も私も京都に居た頃はわけもわからず・・・
あの悪評高い統○教会に足を踏み入れそうになって
ふたり・・・、翻弄されていた時代でもありました。

そのころふたりで聖書も学んで・・・・、
多様に解釈される聖書に疑問を感じた彼女は
キリスト教の神学校に進んで4年間学びなおしたという
筋金入りの^^クリスチャン、今は教会も構えた神父様の奥様です。

さて、わたしは・・・というと・・・・・

その前に・・・、なぜかわたしの周りには宗教家が多いのです。
世界○光○○教団・・・・あの手かざしで病気を治すとか???

わたしがとある外科手術が必要になったときも
神様からいただいた体にメスを入れるなんて・・・と、
手かざしに来てくれていました。(私は外科手術を受けて治りました^^)

その信仰ぶりは幹部まで上りつめるという熱心さ・・・・
でもその彼女・・・・、年賀状の音沙汰もないなぁ~と思いつつ
私は毎年、年賀状を書き続けていました。
後にその子のお母様から舌癌で、
手術を受ける間もなく命を・・・と、聞かされました。
ヾ(~O~;) お~い、○○ミちゃーん???
教祖様は・・・・、神様は・・・・何もしてくれなかったの?・・・・(T_T)

もうひとりは○○バの証人という宗教に・・・・・

よくこの○○バの証人という方たちは今も奉仕活動で聖書のお話を・・・と、
人様の大切な時間に中途半端な信仰心を持って
割り込んでくる・・・・・・・・・・(¬o¬)、
もちろん、彼らは自分たちが○○バの証人とは名乗らないので
こちらから、インターホンで、
「○○バの方ですね、ご苦労様です・・・結構です。」とお断りするのですが・・・

この人たちは大切な時間に・・・・・・・、
自分が翻弄されていることの本質が何かを冷静に見極めて
考える時間や思考力はないのだろうか!?と不思議に思う。
新興宗教・他に群がる集団がどうも奇異にみえて仕方がないのです。

他にも○理教信者・・・・・、この人には大きな裏切りを受けました^^。
でも、このことで多く悩み、多く考えさせられましたね。

かといって、
その人を恨むことも、その宗教も批判する気には全くなれませんでした。

何が言いたいのかというと・・・・

○○教理念 ≠ その宗教信者 ≠ その人、個人の人間性 だということです。

いくら正義を振りかざして素晴らしい宗教理念を語っていても心に響いてこない。
ああ、この人もただしゃべらされているだけ・・・・・・、
・・・・・・・・・・・・・・なぜ自分の言葉を持ってしゃべらないんだ!?
自分だけにしか吐けない言葉で語りかけて来ないんだと思ってしまう。

かつて、遠藤周作がキリスト教は自分に似合わないジャケットをきているようで・・・・
とある著書で語ったそのフレーズだけが、今でも私の脳裏に残っています。

そうなんですよね。
わたしはだから・・・・、○○教というジャケットは着ない。
自分に似合わないジャケットは着ないでおこうと今も思っています。
わたしは人間だから・・・、諸々の感情も持ち合わせている、
時に人を裏切ることも、人を憎むこともあるかもしれない。
すべてを許す全能な神に人間はなれないのだから・・・・・・。

言い方をかえれば、あの人は○○信仰者だからと・・・・
その表面的なジャケットに全般の信頼はおけないのと同じなのです。
その人も・・・、
やはり人間なのだから・・・・・と思うことで逆に同じ人間として許せてしまう。
そんなものじゃないかなぁ~と思うから・・・・

でも・・・、物事に翻弄されない冷静さ、
まともな精神は常に自分でコントロールしないとね、いい大人なんだから(笑)

さてさて、○○歳の誕生日にこんなレベルの記事しか書けないこの私o(_ _*)
いったい、ここの管理人は、みなさんからは何歳くらいと思って、
お付き合いいただけているのでしょう(笑)
聞かせていただけるとちょっと嬉しかったり・・・・・・^^

きょうのこの記事、あるブログのコメントにも書きたかったけど長くなるので・・ここで^^

あぁ~、どこへも行けない梅雨と秋の夜長は嫌いだぁ~
変にいろんなことを考えて喋ってしまう( -"-)

-+--------------- CANADA ----------------+-

【Salt Spring Island @ B.C. CANADA】

さて、カナダはソルトスプリングの中心ガンジスからです。

セーフティーフード・スーパーマーケットの壁面に描かれた島の地図。
100_1102_1
水上飛行機・フェリーなどのアクセスができますよ、という絵でしょうか!?
私たちが島に入ったのは
一番下(南)の白いドットで示されたフルフォード・ハーバーからでした。

100_1102_2

島にはアーティストが多いのでいたるところの壁面や看板に
こういったペイントがあり、目についてしまいます。

100_1102

アスパラガスです。ワシントン産!?
オーガニックだから生でも・・・と、勧められ、
B&Bでもぎたてのアスパラをかじらせてもらったけどやっぱり茹でたい^^
100_1097_1

紫の袋に入っているのはロメインレタス Romainelettuce
一般的にサラダに使われるようです。
100_1097
パックの中はイチゴ・・・・、
ビクトリアの□indaさんのところで有機栽培のイチゴをご馳走になりました。
大きくてアメリカンチェリーを思わせるような紅さ・・・・
中にすが入っていたりするのだけれど・・・、
これがほんもののイチゴ!!!という感じでした。
歯ざわりが柔らかめのリンゴという感じで食むとシャキッと音がしそう・・・
そして甘い・・・・、今まで食べていたイチゴは何だったのという印象でした(笑)

| | コメント (26)

2007/08/26

涙で・・・植え替え

暑い、暑いとぼやいていても何も始まりません。
それで、きょうは、やっとセンペルの一鉢を・・・・・・・・
100_8539
ランナーを外したり、親株の枯れた下葉を取り除いて株を整理して・・・・

100_8541 
古い土に再生土を混ぜて植え替えました。これで、水遣りも少しずつ再開できます。


100_8511
そして今日、思いがけず、お花のプレゼントが届きました。
日比谷花壇さんからクール宅急便で届きました。
日比谷花壇さんというと高級なイメージがするのですが・・・!?
はて!?なんだろう・・・・誕生日でもないし・・・・・

中はこんな感じで・・・・・・・・
100_8534
送り主、そして、何のプレゼントだったのかは・・・(内緒ですが・・・・)
・・・アノネ…(/^o(・・*)フムフム
あまりに思いがけず・・嬉しかったのと、いろんな感情が入り混じって・・
不覚にも涙・涙・・(ノ◇≦。) ビェーン!!・・・。

泣きすぎてまぶたが腫れて、お出かけもできないので・・・・(Θ)_(Θ)
植え替えをしていた・・・というのも理由のひとつ(笑)

| | コメント (8)

2006/12/11

身近な芸術に

お仕事で~す。月1回くらいの割合で定例研修会というのがあり、
県中央に位置する津市内の施設をお借りして行われるのですが、
今回は県の総合文化会館にやってきました。
何度も来ていて目にする、巨大なオブジェ・・・・・・
生涯学習センター、女性センター、図書館などの入り口に面した中庭にあります。
いつもは、忙しく通り過ぎるだけのこの場所。
この日は予定よりも30分以上早く到着してしまったので、ちょっとこの作品をパチリ

Img60127
LA GRANDE TEMPERRANCE
(中庸)1994
Niki de Saint-Phalle (ニキ・ド・サンファル)

トリコロールカラーのフランスの空気を感じさせるこの作品。
でも、ニキ・ド・サンファルが自己の病気回復のために始めた芸術であること、
射撃絵画(絵の具を埋めこんだレリーフを銃で撃つ)
という衝撃的なパフォーマンスの作風や後の作風の歴史をひも解くと
感慨深いものがあります。
「中庸」というタイトルからもわかるように、
この作品は晩年の作品の集大成のような作品かもしれませんね。
そう考えると、この作品がここ(女性センターの正面)に
ド~ンとある意味もうなづけるような気もしました。

(゚_。)?ハテ・・・?
私はきょうは何の研修に来たんだっけ????と言う感じですが、
たまには、ふと足を止めて身近な芸術に触れてみるのもいいのでは・・・

| | コメント (0)

2006/04/23

ロハスな暮らし

昨日、いつも行く雑貨屋さん・With  Counrtyさんを覘いてみました。

オーナーの田中さんはたくさんの荷物の梱包を忙しそうにされていました。

4月27日から5月2日までJR高島屋で催される

‘ロハスなくらし’展に出展するとのことで、その雑貨の梱包をされていました。

LOHASとは Lifestyles O Health And Sustainabilityの頭文字をとった造語。

心と体、そして地球環境に優しい‥‥

そんな新しい価値観を持ったライフスタイルのことだそうです。

ナチュラルカントリーというスタイルもこのテーマにのっているのでしょう。

モンテローザ(京都)、ウィズカントリー(三重)、メイド・イン・アース(東京)

ワイルド・ツリー(長野)、チャパカ(愛知)などの雑貨店が出展するようです。

田中さんお勧めは‘プー・コニュ’という名古屋大須にある雑貨屋さんの

‘多肉植物のアレンジ雑貨’だそうです。

(いや、これは私が多肉好きと知ってのPR‥‥!?)

アンティーク風・ナチュラル・天然成分・マクロビオティック・オーガニック・ヘルシー

こんな言葉が飛び交うロハス展らしいです。

関心のある方はどうぞ‥‥足を運んでみてください。

そしてまだ、田中さんは精力的に同時にこんなことも

↓ ↓ ↓

100_3422

田中千津子さんオリジナルの古布のカントリードールや小物の作品展です。

こちらも是非、足を運んでみてください。

| | コメント (0)