« No.1039 | トップページ | No.1041 »

2011/04/03

No.1040

4月だというのに・・・・
被災地の東北では、未明にまだ氷点下の気象が予想されています。
余震も予断ならず・・・、どこまで自然は非情なんでしょう><
そして、不安要因はなかなか 排除できない様子・・・・。

914


フランス・アレバ社のCEO(Chief Executive Officer)来日。
女性だ・・・。颯爽としてかっこいい、救世主に見えた。

913


すぐにでも動きだしてくれないものだろうか・・・・・と
思っていると、来日からの、この三日も、一日千秋の思い。

915


東電のプレスは「○○を確認」「分析しています」「対策を講じます」
「○時放水開始」「○時放水終了」とプレスリリースに掲載しているけど
なんとも曖昧模糊な情報は、なんの安心にもならない><

そんな折、放射性物質・ヨウ素が海に流出のニュース。

908


なんだか、TV番組も通常に戻りつつあるせいか
週末だから・・・なのか、
震災や、原発の様子を伝えている番組が極端に減ったような気が・・・!?

909


それとも、国民の不安を煽るような報道に規制が掛ってる!?と
疑ってしまいそうな変わりぶり、不自然に感じるのは私だけかな?

841


確かに、過剰な報道が風評を生んでいるのは否めないものね。

887


でも、ブログでは負の風評を招くような記載は気をつけたいところです。
「聞いた話だと・・・。」「・・・・・らしい。」
「・・・だそうです。」「・・・・だと言っていたよ。」すべて伝聞です。
これらが風評を招いている
風評の片棒をかついでいる根源かと・・・・。
892


負の思考からは、負の連鎖しか生まれないものね・・・・・。
それらを払拭して前を向いて進んでいかないと・・・・・・p(・∩・)q

921


たくさんの情報があふれていますが
その情報の真偽を見極めるのは
それぞれ個人の裁量と責任だと・・・・・・。
05e4e3732640cbd265205852de8fabf7

復興支援ポスター より

|

« No.1039 | トップページ | No.1041 »

コメント

オキザリスもクリスマスローズも綺麗だねぇheart04
オキザリスのピンクでも中心の色合いが違うのもあって
凄く綺麗♪
センペル達も綺麗に並んでて素敵heart04
うちのクリローは、やっと葉が見えてきましたよ♪
開花は、もう少し先だけど、すっごく楽しみ!

ホント、東北は4月だというのに寒いwobbly
今日も積もりはしないけど吹雪いてて
底冷えで歩いてるだけで風邪ひきそう。。。
明日も寒いってdown

余震があるたびに、怖いですねcrying
風評被害はホント怖いけど、情報が無くなったら
記憶も薄れてしまいそうで、それも怖いですよね。
普通の生活を取り戻しつつ
節度ある出来る限りの行動を出来ればいいのですが。

投稿: emi | 2011/04/03 22:45

こんにちは、emiちゃん♪

余震も原発も風評も・・・怖いTT
信頼できる情報が少ないからでしょうね・・・きっと。
不安なのは被災地のかたはもちろんのこと
日本中のひとたちが今、不安に思っているのでしょう。

緊急事態が起こった時のことや将来のこと、
「・・かもしれない」とか「・・なるかもしれない」と
予測やいらぬ想像を始めると
不安は際限なく渦巻いていくものね><

>普通の生活を取り戻しつつ
>節度ある出来る限りの行動を出来ればいいのですが。
ほんとうに、そう願いたいです。

いつまでも寒いけど、少しは庭しごとも・・・と思って
この日は、幾鉢かの植え替えを頑張りました^^

クリスマスローズも二年目のオリエンタルです。
一重ですが、大きな株になりました。
ダブルも去年小さな苗を買って植えたのですが
まだ、花の付く様子ではありません><

がんばって仕事してダブルが買える様にしないとね(笑)
オキザリスは休眠に入ったら球根を送りましょうね^^
emiちゃんちにも早く温かい春が訪れますように!

投稿: くゆら | 2011/04/04 10:20

綺麗ですね~植物達の息遣いが聞こえてきそう。

風評・・・・確かにそうなんですが、政府の発言って相当不自然だと思います。
あれだけ海洋汚染があって「直ちにどうこうじゃありません」って・・・・実態と発言がまったく合わなければこれはおかしいと思いますし、NHKでつい最近まで100ミリシーベルトまで被爆してもOKという内容が1ミリシーベルトに変わってるし。これって素人の私には相当コワイんですけど・・・・。
もし直ちにどうこうじゃないなら50キロ沖で泳いで見せてくれって思いました。
それに水素爆発があった段階で灰は落ちてきます。当然農産物や土壌が「直ちにどうこうじゃありません」ってことにはならんだろうという想像は素人でも付きます。

風評被害はこうした安全連呼の政府と実態のチグハグから生まれるのではないでしょうか。
事実は事実としてきちんと伝え、数日ないしは数ヵ月後の予想できる事態を明らかにしてもらってそれぞれ地域ごとに準備する時間も必要です。

マスコミも妙に楽天的な専門家ばかり出してきたから最近になってその人たち、トンと出なくなりましたよね。
皆気付いてます。「何かおかしいぞ」って。

そしてお母さん達は必死で無関心なフリをして心配で避難する親をハナで笑いますが、本当は皆不安なはず。
この一月でどれだけ報道と政府発表が変わりましたか?

私は最初から実態と合わないのでおかしいおかしいと調べまくりました。
そして悲観的な予想をしていた専門家の仰るとおりになっていった。泣きたくなりました。
子供達を今後30年、かなりの不安の中育てなくならなくてはなりました。

福島の友人は故郷を諦めたんです。
なんちゅうことしてくれたんでしょうかと言いたい。

私はいいんです。政府が安全だから喰えと言われればなんでも食べます。
東電の恩恵を受けて働いてきたし、生きてきましたから、私にだって責任あります。

でも子供は守らないと。
何が何でも守らないと。

その為に事実をリアルタイムで公表して欲しいです。
混乱するからと安全を連呼されて後で安全じゃなかったと後だしジャンケンはないでしょう?

福島の人には特に正直であって欲しい。
福島の子供達の未来は今大人に掛かっているのですから。

投稿: 洋吉 | 2011/04/06 18:19

こんにちは、洋吉さん。

そうですね。
原発の避難地域の20km、30kmの
コンパスできっちり描いたような同心円内に
とどまるような被害ではないと私も思っています。

風向きや降雨など、気象状況によって刻々と
変わっていくものはずなのに・・・不自然ですよね。
現に、金町浄水場の件でも明らかなように・・・。
300~400kmは離れていますよね。

フランス、ドイツ、オーストリアの気象局などが
放射性ダストの追跡データ、予報などのマップを
ネット上で公開しています。
日本の気象庁でもこのようなもリアルタイム
情報公開もできるはずなのに気象庁HPではないですね
(黄砂・赤外線MAPはあるのに・・)
ここらへんが、とっても不自然でおかしいです。

残念だけど3月末から4月1,2日は
ドイツ気象局の追跡MAPでは日本全土上空が
すっぽり、危険領域に覆われていました><

>私は最初から実態と合わないのでおかしいおかしいと調べまくりました。

その姿勢は正しいと思います。
わたしも最近はこれらの海外サイトのRADIATION MAPや
自分の判断でしかありませんが、信頼できそうな記述を
求めて読むようにしています。

小さいお子さんを抱えて大変だけど、
しっかり、守ってあげないとね・・・・・。

洋吉さんは、きっと正しい判断ができる方と信じていますよ。


投稿: くゆら | 2011/04/07 10:44

この記事へのコメントは終了しました。

« No.1039 | トップページ | No.1041 »