« ... to keep or not to keep | トップページ | 春の長雨 »

2008/04/17

魔女的好奇心!?

魔女、マジョ、まじょ、マジョ、魔女が居る・・・・ということで
我が家のマジョールさんたち^^
ハオルシアの紹介なんて、珍しいですね^^
そして・・・くゆら・・・らしく・・・ないですね(笑)
100_0516_3    100_0517

100_0514    100_0515
ハオルシアは魅力的で、綺麗な品種がどんどんでてくるから・・・・、
古い品種は生きた化石のよう・・・・・・(笑)
こんなところが、ハオルシアに対する想い・・・・
自分で紹介していても、似合わないジャケットを着ているようで、おかしい(¬w¬*)

100_0467
そして、桃の木の根元に植えたケンマソウ(鯛釣り草)の花が咲きました。
この植物英名では「血のしたたるハート(心臓)」
という異名も持つようです・・・・・・なるほど・・・・
アルカロイドを含むため・・・・・・、有毒・・・・・
こんな不思議な花の形と云われに魅了されているほうが
よほど、わたしの中では魔女的好奇心をそそる。
あしたには、黒いポットで薬草を煮炊きしているかも・・・・・爆

似合わないマジョの話はこのくらいにして^^きょうのセンペル

100_0495
奥のぼやけているのが去年イオンのスーパーでみつけたもの。
右手前は「ちえの木」さんの育種センペル^^

100_0522
こちらも、去年購入した球根屋さんの
「シャンハイローズ」と「エケベリア・花月夜」


|

« ... to keep or not to keep | トップページ | 春の長雨 »

コメント

左上の緑のザラザラ~♪
どれも徒長させずに綺麗に育ててますね。
好き♪と思うなら、それがくゆらさんのすべてなんですよ。
だから魔女的要素も~(にやりwine

育種センペルさん、私が勝手にお揃いだと思っている巨大センペルですね。お久しぶり!

投稿: caerulea | 2008/04/17 09:36

こんにちは♪
うほっheart04くゆらさんがハオとはお珍しい!!
↓のハオも綺麗だったけど、
全般的にどの属も育てるのお上手なんですねぇ~。
私はハオはどうしても・・・うまく育てる事ができなくってsad

くゆらさんって天使だったり~魔女だったり~いろんな面を持った方なんですねbleah
そこがまた・・魅力的heart04

投稿: こむ | 2008/04/17 12:38

生きた化石。
神秘的な多肉。
どれをとってもイケメン揃い。
さすがだゎぁ~~~。(#^.^#)

それに、血のしたたるハート。
綺麗なものには棘があるという通り
有毒だなんてΣ(゚д゚lll)
まだまだ、私の知らない植物ばかりです。
もっと、いっぱいしりたくなって
きました♪(*^^)v
まだ、先のことですが
園芸や造園のほうの勉強
チャレンジしてみようかと思っています。
そろそろ、頭がなまってきちゃって
漢字もろくにかけなくなってきちゃったし(;^ω^)

投稿: あこ | 2008/04/17 16:13

ハオルシア・・・、
たまに見たことがあるのですが、
やっと、名前が解りました(^-^)
大人っぽくてちょっとしぶい感じがして
嫌いじゃないです。

ケンマソウの花が「血がしたたるハート」
という異名をもつ何てすごいですね!
外見は可憐な雰囲気の花なのに・・、

美しい花にはトゲも毒も
あったりするんでしょうね^^

投稿: sara | 2008/04/17 20:06

 こんばんは~ ^-^。

 ハオルチアってたま~に見るとやっぱ魅力的♪って思えるんですよね~。園芸名がまた面白いです♪チョコレートに毛蟹にショコラに ^-^。

 たしかに化石みたいですね。成長遅いし;

 寒水石で覆うのって良いアイデアですね♪植物の色が引き立ってます。

 

 

 

投稿: うっT | 2008/04/17 21:14

ほ~んとだ、くゆらさんぽくないかも…bleah
でも、綺麗に育ててらっしゃるshine
私は未だにこの手のマジョさんには
手を出せずにいます…

鯛釣り草、そんな異名があったんですね
知りませんでした
たいつりそう、変換したらタイツ理想って出て
ちょっと笑ったひさえでしたcoldsweats01

投稿: ひさえ | 2008/04/17 21:54

こんにちは、caeruleaさん♪

ハオはやっぱり、なぜか夢中になれなくて・・・、
ほとんど触らずに眺めているだけです^^


>だから魔女的要素も~(にやり)
(=v=)ムフフ♪

>育種センペルさん、私が勝手にお揃いだと思っている巨大センペルですね。
>お久しぶり!
そうでしたね、以前、
トラバを申し出てくださった記事がありましたね^^
相変わらず、トラバは受け付けていませんが(^▽^;)
また機会がありましたら
お披露目してくださいね。

投稿: くゆら | 2008/04/18 09:08

こんにちは、こむさん♪

>うほっくゆらさんがハオとはお珍しい!!
でしょ^^
一応、みなさんが夢中になる気持ちが知りたくて
傍に置いてはみたものの・・・・、
いまひとつ、夢中になれないハオたちです^^

>くゆらさんって天使だったり~魔女だったり~いろんな面を持った方なんですね
>そこがまた・・魅力的
天使はありえなぁ~いですよ><
もう最近は感性が魔女の域です(笑)

投稿: くゆら | 2008/04/18 09:09

こんにちは、あこさん♪

イケメンでしょうかぁ!?
ハオは傍に置いているもののあまり夢中になれないんですよ。

>それに、血のしたたるハート。
>綺麗なものには棘があるという通り
>有毒だなんてΣ(゚д゚lll)
>まだまだ、私の知らない植物ばかりです。
>もっと、いっぱいしりたくなって
>きました♪(*^^)v
ネ、不思議で魅力的な植物って無限大にりそうですね。

>まだ、先のことですが
>園芸や造園のほうの勉強
>チャレンジしてみようかと思っています。
お~~、すごい、すごい、チャレンジ精神♪

>そろそろ、頭がなまってきちゃって
>漢字もろくにかけなくなってきちゃったし(;^ω^)
いえいえ、あこさんは、まだまだお若いから・・・、
なんでも挑戦できますよ、頑張ってね♪

投稿: くゆら | 2008/04/18 09:10

こんにちは、saraさん♪

ハオルシアの名前、解決しましたか!?^^
>大人っぽくてちょっとしぶい感じがして
>嫌いじゃないです。
そうなのですね^^
わたしは傍に置いているものの
やっぱり、自分には似合わないような気がして・・・

ケンマソウの異名はちょっと衝撃的ですよね。
でもよく見ると確かにハートの下に
しずくが垂れ下がっているように見えますものね。

投稿: くゆら | 2008/04/18 09:11

こんにちは、うっTさん♪

>ハオルチアってたま~に見るとやっぱ魅力的♪って思えるんですよね~。
そうですね「たま~に」がいいですね。

>園芸名がまた面白いです♪チョコレートに毛蟹にショコラに ^-^。
園芸名は自分が斜めに見ているせいか、ちょっと笑っちゃいます^^

>たしかに化石みたいですね。成長遅いし;
ハイ、そうなんです、化石のようです^^

>寒水石で覆うのって良いアイデアですね♪植物の色が引き立ってます。
白い石は、寒水石っていうのですね
でもこれは、ペットボトルからできた云々のまがいものです(^▽^;)
ガーデンショップの福袋にはいっていましたぁ~(笑)

投稿: くゆら | 2008/04/18 09:11

こんにちは、ひさえさん♪

>ほ~んとだ、くゆらさんぽくないかも…
>でも、綺麗に育ててらっしゃる
>私は未だにこの手のマジョさんには
>手を出せずにいます…
でしょ・・・?、だからわたしはほとんど触りません。
それがいいのかも・・・・(笑)

>鯛釣り草、そんな異名があったんですね
>知りませんでした
ちょっと衝撃的な異名ですよね^^

>たいつりそう、変換したらタイツ理想って出て
>ちょっと笑ったひさえでした
(〃^∇^)o_彡☆あははははっ
下半身をシェイプアップしてくれる
理想のタイツ欲しいです。
そのまま、検索して理想のタイツがみつかったら
教えてください^^

投稿: くゆら | 2008/04/18 09:12

我が家もシャンハイローズ、ありますよ~!
球根屋さんの株はどれも丈夫で私も大好き!
でもシャンハイローズ(センペルは大体そうですが)は夏の姿と全然違いますよね。
冬は名札が無かったらもう分からないわ。

夏になったらまた爽やかグリーンに戻ってくれるかしら?
センペル二年目の夏・・・怖っ!!

マジョール、お持ちなんですね!全部キレイに育ってますね。
私、ハオ・エケ共に大事にしすぎて駄目にしてしまうんです。
美人シリーズは全部おブスシリーズに変貌するし・・・。
・・・くゆらさんの所で癒されてガンバロウっと!

投稿: 洋吉 | 2008/04/18 11:47

こんにちは、洋吉さん♪

シャンハイローズもそうですが、球根屋さんの株・・・
おっしゃるよに丈夫で私も好きですよ。

>私、ハオ・エケ共に大事にしすぎて駄目にしてしまうんです。
わたしは信じられないくらい放ったらかしです^^

>美人シリーズは全部おブスシリーズに変貌するし・・・。
わたしもそれは得意です!

投稿: くゆら | 2008/04/18 14:50

この記事へのコメントは終了しました。

« ... to keep or not to keep | トップページ | 春の長雨 »