« ディオポゴン | トップページ | クラッスラ »

2007/06/30

乙女の姿

「あまつ風 雲の通ひ路 吹きとぢよ 乙女の姿 しばしとどめむ」 
---僧正遍昭---

などと、百人一首を引用してしまいましたが・・・・・・・・
そうです、在りし日の乙女の姿とはウラハラに・・・・・・
でもこんな「乙女心」の姿も美しいと思い、シャッターを切りました。
000_0506

しかし、無情にも「雲の通い路」は閉じることなく
乙女の種子たちを連れていってしまったようです。

000_0514

向こう三軒、両隣さん、もし乙女が在らぬところから、
ポコポコ芽を出したら、ごめんなさい・・・・・・とうい結末。
ベランダの手すりにはこの骸だけが残されていました・・・・・(ノ_・、)

000_0507

でもこうしてみると、セダムの花びらも5.6.7枚と
ばらばらなのがあらためて解りますね。

|

« ディオポゴン | トップページ | クラッスラ »

コメント

こんにちは♪
えっ?えっ?これがあの乙女心の花・・・
種が飛んだってことは、もう枯れてる状態ですよね。
でも、ホントこの姿はキレイですね。
このままドライフラワーとして
飾れますね(^∇^*)

>向こう三軒、両隣さん、もし乙女が在らぬところから、
ポコポコ芽を出したら、ごめんなさい・・・・・・

もし家がお隣さんだったら大歓迎ですよ(・ω・)

投稿: ぽっけ | 2007/06/30 12:47

ええ~、これが乙女心の花の後?
いつも切ってしまうので(・o・ )へぇ~ですぅ。
なかなか見られない美しいお姿です。
>乙女の種子たちを連れていってしまったようです。
風にのってうちまでおいで~♪

なんかここ手前も奥もセンペルに見えるのですが…
センペルの真中にいらっしゃるのかしら?

投稿: プリン | 2007/06/30 17:25

初めて見ました、こんな乙女の姿~(違っ)
うち、乙女さんはお花を咲かせたことが無いんですよ~

ドライフラワーにこんなのありますよね?何かの種で
でもこれはめっちゃ小さいか
で、これはドコに種があったのかしら?
真ん中の穴?ハナビラの穴?

投稿: あき | 2007/06/30 17:56

こんばんは~!
乙女心、花咲いた事ないわー♪
何色なの??黄色?白?
その上種も出来るのね~!Wでびっくりです!
乙女心って葉挿しが困難だから、種でも発芽したら楽しいのにねぇ~
知らない事ってたくさんあるのですねぇ~!

投稿: emi | 2007/06/30 18:49

あ、よく考えたら咲いたことがあったかも?
花芽と高芽と間違えて挿した事があったかも^m^)プ
黄色だったな。。。ごめ~んm(_ _)m

投稿: emi | 2007/06/30 18:52

うわぁぁ~すご~い!!!
種の部屋が全部空っぽですね(@o@)
向三軒まで飛ぶセダムの種ってどんな形でしょうか?
フワフワ綿毛風?豆鉄砲みたいな飛び系?
それともハオルチアみたいにはぜるタイプかしら^^
面白いですね~

部屋の数を数えると、5、6、7とバラバラ♪
貴重なお写真を見せて頂きました♪感謝!

投稿: ダダ | 2007/07/01 01:13

へぇ~~!乙女のお花は最終的にこうなるんですか~
うちはまだお花も咲いてないんですよね~。

センペルなんですが、オールドローズが枯れちゃいましたので
秋にお送りすることができなくなりました(涙
他のも無事に夏越しできるのかドキドキです~(^▽^;)

投稿: くるみ | 2007/07/02 16:45

ひ~。時は無常ですね・・・
こんな姿になるとは!
百人一種、懐かしいなあ~。
お坊さんなのに、乙女の歌なんて。ぷぷっ。

しかしインパクトのあるお姿。
モダンアートのようです。
下からこぼれダネで生えてきたりすると楽しいですね!
珍しいものを見せていただいてありがとうございました。

ディオボゴンって・・・。
初めて聞きました。カネゴンとか、怪獣っぽい名前ですね。
ベンケイソウ科ですか?

投稿: エドアルダ | 2007/07/02 19:06

こんにちは、ぽっけさん♪

お返事おそくなりましたm(_ _)m
とってもミニな鞘でドライフラワーとしても
飾りたくなるような雰囲気ですよね。

>もし家がお隣さんだったら大歓迎ですよ(・ω・)
お隣さんがぽっけさんのように歓迎してくださると
嬉しいのですが・・・・・
ご近所さんは純和風の
カッチリしたお庭がお好みのよう・・・(-。-;)

投稿: くゆら | 2007/07/02 23:42

こんにちは、プリンさん♪

お返事おそくなりましたm(*- -*)mス・スイマセーン
乙女心の花はなんかゴチャゴチャしていて
見映えがしないから、私も切ってしまったり
ほったらかしなのですが、
こんな姿を見つけてしまうとちょっと興味を持ちますね。

>なんかここ手前も奥もセンペルに見えるのですが…
>センペルの真中にいらっしゃるのかしら?
ハイ。ご察しのとおりです(・vv・) ハニャ
なんかセンペルの緑の上が明るくって
写真を撮るのに絶好の場所だったので・・・

投稿: くゆら | 2007/07/02 23:49

こんにちは、あきさん♪

お返事、遅くなりましたm(_ _)m
わたしが花びらの枚数なんてややこしいことを言ったから
...... ( 〃..)ノ ハンセイ

>ハナビラの穴?
いま枯れた状態で花びらのように見えているところが
種の入っていた鞘ですよね。
ベンケイソウのセダムなんかの鞘(柱頭)は大きくて
部屋がこんな風に分かれてここに入っているのですね。
この部屋の数と花びらの枚数が同じなのではと思うのですが、
どうでしょう!?

投稿: くゆら | 2007/07/02 23:58

こんにちは、♪

お返事、遅くなりましたm(_ _)m
そうだよ、わたしも
>花芽と高芽と間違えて・・・
云々のお話、emiさんから聞いたことあるような・・・!?

>乙女心って葉挿しが困難だから、種でも発芽したら楽しいのにねぇ~
~(^◇^)/鞘にわずかな種が残っていることを願って
花殻だか、種だかわからないけど・・・・
振り絞って、蒔いてみました。
芽がでたら、また報告しますよん!

投稿: くゆら | 2007/07/03 00:03

こんにちは、ダダさん♪

お返事おそくなりましたm(*- -*)mス・スイマセーン
>種の部屋が全部空っぽですね(@o@)
そうですね、
はなびらの数=めしべの部屋の数と思うのは
間違いかしら!?
「種の部屋」という表現、ですよね。さすがです。

>向三軒まで飛ぶセダムの種ってどんな形でしょうか?
>フワフワ綿毛風?豆鉄砲みたいな飛び系?
>それともハオルチアみたいにはぜるタイプかしら^^
綿毛ではないのですが、
とにかく埃みたいに小さくて・・・
風にのったらどこまでも飛んでいきそうな感じはします。
瞬間を見たことはないのですが、
ハオルチアのようにはじけるタイプでもなさそうです。

投稿: くゆら | 2007/07/03 00:12

おかえりなさい、くるみさん♪

ブログのお写真拝見しました。
さすが・・・ヨーロッパ。
民家の庭先にあんな風にセンペルが植わっているのね。
真似してみたいと思うけど
日本の梅雨から夏は厳しいのでしょうね。

わたしもご他聞にもれず、溶かしたり
駄目になってしまったセンペルもちらほら・・・(TmT)

早く、夏が終わって欲しいです。
そして、アエオ、いっぱい増えているので
グ-チェもグランデも秋にはお送りできますよ。

ブログも無理をなさらないように少しづつ
復活してくださいね。
いろいろ、思うことはあると思いますが、
自分の楽しみのブログです、ゆっくり楽しみましょう!

投稿: くゆら | 2007/07/03 00:22

エドアルダさん♪

>百人一種、懐かしいなあ~。
>お坊さんなのに、乙女の歌なんて。ぷぷっ。
そうですよね。詠み人はお坊様・・・・
この句の「乙女」は天女のことなんですよね。
天女の美しい舞をいつまでも見ていたいという想いの・・・

わたしも何かに恋する気持ちを詠んでみようかしら(笑)

>ディオボゴンって・・・。
>初めて聞きました。カネゴンとか、怪獣っぽい名前ですね。
>ベンケイソウ科ですか?
やっぱり、間抜けな怪獣名ですよね。(笑)
ハイ。ベンケイソウ科です。

投稿: くゆら | 2007/07/03 00:35

こんばんは~

>そして、アエオ、いっぱい増えているので
>グ-チェもグランデも秋にはお送りできますよ。

きゃ~かなり嬉しいです♪楽しみにしていますね。
頂いてばかりで申し訳ないです~^^;

ブログはのんびり続けます~。
ありがとうございます(⌒-⌒)

投稿: くるみ | 2007/07/04 23:26

くるみさん、こんにちは♪

(*'-')ゞリョウカイ♪

>ブログはのんびり続けます~。
>ありがとうございます(⌒-⌒)
p(*^-^*)qp(*^-^*)qがんばっ♪

投稿: くゆら | 2007/07/05 23:41

この記事へのコメントは終了しました。

« ディオポゴン | トップページ | クラッスラ »