« 紅くなあれ! | トップページ | オキザリス »

2007/01/20

ひんとにい

なんとなく、ひらがなで形容したくなる今頃のひんとにい

100_6147 100_6148
去年の春に雑貨屋さんweedsで入手した一株です。
オーナーさんがあのサボテン・スタイルの羽兼 直行 さんの植物のセンスが、
お気に入りだとおっしゃって羽兼のところから仕入れられたそうです。
こんな、ご近所で出会えるなんてちょっとラッキーな出会いができた一株です。

100_6151 100_6149
その一株も、花芽が付いたり、根元をかきわけてみると・・・・・
ほあ~んと、温かさが伝わってきそうなそんな様子です。


|

« 紅くなあれ! | トップページ | オキザリス »

コメント

ひんとにい様~
たしかになぜかひらがなが似合いますね。

今雑貨屋さんのサイトに行ってきましたが、素敵なところですね。こんなお店が近くにあるなんて、うらやましいです。しかも、ひんとにいがいたとは!

あ、やっぱり下から出てきているのは、脇芽(子株?)なのですね。ふわふわしてかわいい。うっとり~。家のもチョットだけ出てるので楽しみです。

投稿: エドアルダ | 2007/01/20 18:49

こんにちは、エドアルダさん♪

エドアルダさんちの怪獣ヒントニーも拝見しましたよ。

モキニアヌム (Sedum mocinianum)とすべきという
文献の記事も興味深く拝見しました。
勉強家のエドアルダさんには全く敬服しています。
とっても刺激になります。
これからもいろいろ教えてくださいね。

脇芽(子株?)楽しみですね。
日向に置いているから、ほんとうに手を近づけると
子株のいるあたりは、ほぁ~んと温かいんですよ。

投稿: くゆら | 2007/01/21 01:06

この記事へのコメントは終了しました。

« 紅くなあれ! | トップページ | オキザリス »