« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月

2006/11/30

次へ・・・

赤や黄色に色づいた街路樹の桜の葉がパラパラ
風に舞い散るこの頃・・・・・・

うちの多肉の鉢では次へ引き継がれる命の準備が・・・
そんな様子を収めてみました。
100_5500
エケベリア・珍花

100_5516
エケベリア・大和錦

100_5885
エケベリア・ミニマ

100_5526
セダム・薄化粧

| | コメント (4)

2006/11/29

窓・まど・マド

100_5917 100_5918 100_5911
100_5910 100_5915 100_5916
100_5912 100_5913 100_5919

窓と云われる部分を撮ってみました。
(-_-;ウーン、難しいです。どうやったら綺麗に撮れるのでしょう?
(画像のサイズも揃っていないし・・・・)

追記:
ちょっとがんばって画像の縦横の比率の計算なんかして揃えてみました。
少しは見れますかネ・・・・・・(〃´・ω・`)ゞ

| | コメント (10)

2006/11/28

ズボラも定着組

いろんな植物の苗を買ってきては植えてみるのですが、
これは種が飛んだのでしょうか!?
100_2342
ちょうど、1年前、
玄関アプローチ植栽のグロックの間からお目見えしたポリゴナム。


100_5485
今年は・・・というとこんなに広がってしまいました。
落ち葉が絡まって見苦しいことに・・・・・(v_v)

100_5504
そして、周年、
ポツポツと可憐な花をみせてくれるアップルゼラニューム。
多肉以外にもこんな草花も手が掛からなくていいですね。
って・・・・ヾ(ーー )ォィ

毎年、ズボラ、ガーデナーになっていくけど・・・・・・
年と共に、あまり頑張らなくてもいい楽しみ方をしたいので、
とo(- -;*)ゞ イヤァいい口実をみつけてしまいました。

100_5888
何だったっけ・・・・!?
たしかセミビバっぽい・・・とかタグが付いていたような・・・・・
これもズボラ!?・・・確認しておきます(*- -)(*_ _)ペコリ

| | コメント (2)

2006/11/27

モナンテス

あまり聞きなれていなかったのですが
いろいろ調べてみると、
モナンテス属もベンケイソウ科に属する多肉なんだそうです。

いろんなご縁で、出会えることができた
ふたつのモナンテスの多肉を紹介します。

Img98932
今の時期が成長期なのかランナーをのばしてこんな状態です。
下の画像は5月頃の姿。


Img94660
<Monanthes brachycaulon>
モナンテス・ブラキカウロン

.................................................................


Img43715


こちらも、成長期なのか、中央からは緑色の新しい葉が・・・
紫色の葉の表面は粗目の砂糖をまぶしたような雰囲気です。
100_5465_1
<Monanthes muralis>
モナンテス・ムラリス

| | コメント (4)

2006/11/26

花見&紅葉狩り

紅葉の季節・・・・・とはウラハラに
こちらは、桜・・・・・・
100_5845
先週の日曜日に訪ねたぐんまフラワーパークにて。


コヒガンザクラの園芸品種で
春と、10月~12月に花が咲く二期咲きの桜だそうです。
100_5846
十月桜(バラ科)
学名:Prunus × subhirtella cv Autumnalis
.................................................................
そして・・・・・
100_5866
あいにくの雨でしたが、もみじの赤が鮮やかに感じられました。

100_5870_1
パーク内には、こんな趣きある日本庭園風の区画も・・・・・

| | コメント (2)

2006/11/25

Winter Beauty

春に植えつけたセンペル・ウインタービューティー。
ベルベットのような細かい毛に覆われた葉をもっています。
Img87731_1

その名のとおり、冬にはきっと美しい姿になるのだろうなぁと
思い描きながら・・・・・・・
Img95342_1

家には、まだまだ、こんな青々としたこんな仲間が多いです。
少しずつ春に向けて紅葉していくのでしょうが・・・・

Img77596_1
このウインタービューティーもどうやら、
ほんとの姿をみせてくれるのは春のようです。

| | コメント (0)

2006/11/24

セダム?

多肉先輩から分けていただいたフラバツム。
パキフィツムかしら・・・?
セダムかしら・・・?と、ちょっと話題になったこの多肉。
どうやら、お花がセダムのような花をさかせるので、
セダムでは・・・!?というところに落ち着いています。

Img60521
セダム・フラバツム


うちではまだ花をみていないので要、観察ですが、
きょう、偶然emiさんのページで紹介されていたので、
私も記事にしてみました。

しかし、この葉っぱ、手でも触っていないのに、
なぜか葉の表面がきれいに育たないんです。
環境か、何か問題ありなのでしょうね(v_v)

<追記>
このセダム・フラバツムに関して
フラバツム→クラバツム
みなさんの貴重な情報から
学名:Sedum Clavatum Clausen
メキシコ産のセダムであることがわかりました。

調べてくださったり、情報をいただいたみなさん、
ありがとうございました(*- -)(*_ _)ペコリ。

| | コメント (6)

2006/11/23

晩秋の筑波山

100_5699
JR東海・・・そうだ、京都へいこう!のノリじゃないけど、
先週末、飛び込んできた「筑波山へ行きます。」というメール。
なぜ、筑波山なのか?解からないけど・・・・・
便乗することにしてみました。

100_5751
秋空・・・・

100_5719_1
紅葉・・・・


100_5707
ロープウェイで女体山へ・・・・観光気分。

100_5709
ところが、頂上ではロープウェイで下山待ちの長蛇の列。
最後尾が見えない、1、2時間待ちどころの騒ぎではない・・・(;^_^A

1時間2時間とただ、並んで待っているなら・・・と
4キロくらいの山道、歩いて下りよう、ということになり、
思いがけず、いい汗をかいた晩秋の一日。

(T-T )只今(ToT)筋肉痛中( T-T)

でも、茨城県・筑波山いい所です。
↑↑↑
アルバムにしてみました。お時間のある方は覘いてみてください。

| | コメント (2)

2006/11/22

いろんな場所で

きょう、紹介の多肉は10月末に訪ねた
‘あしかがフラワーパーク’の苗木売り場で出会った多肉のひとつです。
100_5670
プレクトランサス属・プロストラーツス、しそ科の植物です。
<Plectranthus ・prostratus>

くるみさんのページでお目にかかって、しばらくしてから、
思いがけず出逢えた多肉です。
いろいろな所で、めぐり合わせ、出合えるとまた嬉しいものですね。

☆.................................................................☆

多肉に出合えるか、どうかは別として・・・・・・
最近のプチマイブームはお出かけ先の‘道の駅’に立ち寄ることです。
地域の特産物や農産物にとってもお値打ちに出合えたり、
おいしいものに出合えたりするのでv(=∩_∩=) ブイブイ!!ちょっと興味津々

| | コメント (2)

2006/11/21

種まきセンペルその後

こちらは、春蒔きセンペルです。

100_5492
順調に育っているものもありますが・・・・
右側のセンペルは成長点が傷んだのか何かでしょう!?
100_5490
変なことになってきました。



こちらは、秋蒔きセンペル。
100_5452
寒くなってきたのか、
発芽当所程の勢いはなく、ゆっくりとした成長ぶりです。

| | コメント (6)

2006/11/20

Ann & Andy

最近はナチュラルカントリーというのが主流のようですが・・・
もうひとつ、息の長いのがアメリカンカントリー。

アメリカンカントリーを語るのに外せないのが・・・・
Ann & Andyです。

100_5680

1915年にジョニー・グルエル氏の
絵本「ラガディ・アン物語」で生まれたラグドールの姉弟です。
以来90年という長い間、
世界中のアメリカン・カントリーファンを魅了し続けているキャラターです。


そんなキャラクターをペイントで書き溜めた作品を載せてみました。
Img14588Img4714_1

100_5683100_5684100_5682


モチーフは冊子の挿絵や、キャラクターグッズを参考にしています。


Img10281Img77601Img21676

Raggedy Ann and Andy are the world's most adored rag dolls.With kindly spirits and lovong hearts, their make-believe whimsical tales have appealed to children for nearly a century.

Img54490
こんなアンティークな素材にも似合うのは
 Ann & Andyの歴史があるからでしょうね。

| | コメント (2)

2006/11/19

写メール

知人が、今、仕事でインドに居るというので・・・・・・
何か写メールしてって、お願いしてみました。

Img89130 Img78538
知人「インドの植物です。」というタイトルで・・・・・写メ。
植物が好きって、理解していてくれるのは嬉しいけれど・・・( ̄ェ ̄;) エッ?
名前も解からないって・・・インドの植物って、アバウトな・・・???

私「日本にもありそうな植物ダネ・・・・(;^_^A
              インドだぁ~と判る、写メ、お願い・・・・。」

Img46755
知人「インドゲート・・・・・」
私「移動中・・・・ヾ(--;)ぉぃぉぃ」


Img14418  Img19587
知人「国会議事堂・・・・」
キタ━―━―━―(゚∀゚)━―━―━―!!
私「そうそう、こんな画像・・・・待ってました。」

少しだけどインドの空気感じるよね・・・
道路とか周辺も整備されているんだろうけど・・・
なんだか、土ぼこりが舞っていそうな・・・空気悪そう・・・
ε=o(´ロ`||)ゴホゴホッ(||´ロ`)o=3
工場誘致だが、開発援助だか知らないけど・・・・・
巨大人口のインドの地がかつての日本の様に工業大国になって
公害大国にならないかあたしゃ憂えるよ(v_v)←まる子ちゃん風
ひいては、
地球規模の環境破壊の導火線にならないかε-(ーдー)ハァ

Image0391  Image0381
知人「プレジデントハウス・・・・・」
ஏ. பி. ேஜ. அப்துல் கலாம氏の邸宅ですか?
↑ ↑ ↑
タミル語 ???(きちんとコピペできていません^^;)

オオーw(*゚o゚*)wさすがに立派ですね・・・・・・
手前のおおきなテラコッタの鉢はアガベかなんかでしょうか!?
少しだけどこの記事で多肉ブログの面目躍如になるよ・・・・

私「ありがとう・・・・・」

Image018
もういいよ・・・(;^_^A
でもこのホテルのリネンのコーディネートが
いちばんインドの雰囲気、醸し出しているかも・・・・・・

| | コメント (2)

2006/11/18

小ネタ集・・・

小ネタ集・・・というか、単独の記事ではちょっとさみしい。
そんな多肉の最近の様子を、撮ったものを集めてみました。

Img21218
開花、間近のスカピゲラ。

Img99312
こちらも開花、間近、白寿楽。

Img21031
プラスチックの造形物のようなカクレン。

Img12724
もともと、発色のいいセンペル・アトロプルプレウム。

Img35395
センペルの鉢に飛び込みで生えてきたカランコエ。

| | コメント (4)

2006/11/17

エケベリアで・・・

Img51701
昨日、出逢った多肉のエケベリアを使って こんなことをしてみました。

Img23274
葉っぱばかりなのに・・・まるで、‘花遊び’の様です。

| | コメント (6)

2006/11/16

綺麗な多肉

100_5591
可愛いシクラメン群です!
トレーのラベルをみると‘八ヶ岳高原ガーデンシクラメン’???
地元にもシクラメン栽培農家はたくさんあるのに・・・???
↑  ↑  ↑
わたしは何を憂えているんでしょう???(´vωv`*)
でもこちらのハウスは確かに山梨のナーセリーさんからの苗が多いです。

そのお店で名前は判らないのですが、綺麗なエケベリアに出逢いました。
100_5614

100_5624
(´vωv`*)。o0○(´vωv`*)。o0○(´vωv`*)。o0○

そして・・・・・こんなの・・・・
100_5627 100_5630
中心の新芽がブーケみたいに円くまとまって、こちらも可愛い。

100_5621 100_5623
そして、グラプトベリア・シルバースター・・・
今日、出逢った多肉の紹介でした。

| | コメント (4)

2006/11/15

プロリフェラ

夏に徒長させたセダム・プロリフェラを
挿し芽、葉挿しでたてなおすことにしました。
10月末に解体をして土に挿しました、もう根が出ているようです。
100_5668


100_5669
葉挿しも新芽が出てきました。


そして、解体された本体は、というと
100_5550
・・・・・・・・・・こんな状態です。
この小さな芽をどうやって拾おうか?考えたのですが・・・
とにかく小さいので、春までもう少し、このまま見守ることにしました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こちらはもうひとつの趣味、トールペインティング・・・・
サイドテーブルの側面に描いた古屋さんデザインのテディーベア。
Img20402


Img43784_1

| | コメント (6)

2006/11/14

7種のセダム

先般、FROM OREGONの記事の続きです。

今回はセダムの紹介です。
到着から約2週間、少し落ち着いてきた感もありますが、
休眠期に入っているもの、
まだ傷みの癒えない状態のものなど色々です・・・・・

Img17018
<Sedum stenopetalum>


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Img41839
<Sedum anacampseros>
属をまたいだ、同じ名前ってあるのですね。
アナカンプロセスという名前が気になって選びました。
休眠期の姿ですね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Img94830Img51153
<Sedum lydium>
ロゼットを堅く結んだいい状態で届きました。

Img54163
全体像ですが・・・・・
水をあげるのが早かったでしょうか?ロゼットが開いてしまいました"A^^;



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Img1902
<Sedum commixtum>
私がほしかったのは、このコミックトムです。こちらは挿し芽で養生中。
ブルーのボディーで先端が紫色にに染まる・・・・・(・・。) コレ
100_5652 100_5656
左が今回輸入のコミックトム(全体像)・・・右が某業者さんから購入のコミックトム・・・
違うんじゃないか!?と思って確かめたかった一株です。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Img95971Img9592
<Sedum palmeri emarginata>
葉の雰囲気はセダム薄化粧の葉の表面に似ていて
白く粉を吹いたような感じです。
こちらも、挿し芽と右画像の両方の形で養生中ですが・・・・
やはり、根が付いている方が元気で、
日々に回復してくるのがわかるセダムです。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Img14222 Img20023
< Sedum winkleri>
こちらも国内でも購入可能かと思いますが、この機にたのんでみました。
産毛の可愛いセダムですが、
まだ、ゴミやホコリが産毛に絡んで取れていません。
春の芽吹きを待たないと、綺麗にならないかも・・・・・!?


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Img42581
<Sedum pachyclados>
こちらも、国内で購入可能ですが、夏に枯らしてしまったので
再挑戦です。これはとても いい状態で到着しました。

| | コメント (10)

2006/11/13

今日のセンペル

今日は木枯らしが吹いて寒い1日でした。
でも、ベランダに出てみたら、
少しずつ色付き始めたセンペルやジョビバルバが目に止まりました。

100_5529
こちらは「夕山桜」です。

100_5528
下葉の裏側からほんのり紅くなってきています。

100_5605
こちらはJovibarba . hirta 'Rax' ・・・( ̄□||||!!完全にムラ焼けです。
ベランダに置いた棚の、奥のほうに置いていたので、
日差しが一方からしか当たらなかった為おこった現象・・・・
街路樹でも南側だけ紅葉している樹があるでしょ!?そんな感じです。

100_5607
こちらは、Sempervivum 'Regal' 葉先がチョッピリ、紫に・・・・


...........。。...........。。...........。。...........。。...........。。...........。。...........。。...........。。...........


100_5604_1
こちらは、雑貨店“weed’s” さんから
いただいていた催し案内 『 AMA to MOMEN 』と題して
手織り亜麻で作られた作品や伝統工芸の伊勢木綿と
オールドリネン・ビンテージファブリックのコラボBAGの展示など。


また、ワイヤーと植物を使った作品の展示、販売などもあります。
1日、間違えて、行ってしまいました・・・ポカッ (._+ )☆\(-.-メ) ォィォィ
たくさん、ビアポップやワイヤープランツなどのグリーンが仕入れられていました。
オーナーさんは忙しそうに準備をされていましたが、
「どうぞ、見ていってください」と言って頂いたので一足先に内覧会でした。
"A^^;ごめんなさい。

| | コメント (2)

2006/11/12

センペルとセダム

以前からとっても興味深いセダムなどの緑化植物を育種・栽培されている
ちえの木さんの植物に出逢いました。
以前、セダムや デロスペルマのプラグ苗・ポット苗を
ネットで購入したことがありますが、
こうして、偶然ホームセンターなどで出会うと嬉しいですね。

100_5523_2


「砂漠の宝石」

ベンケイソウ科の多肉・セダム、センペル
デロスペルマ(レイコウ、黄金ダイヤ)などを
こんな名前で呼んでいるのちょっと素敵でしょ!?

100_5522_2


そしてこちらは(株)ミヨシペレニアルガーデンさん育種のセンペルです。
ほかにも魅力的な宿根草がたくさん。
100_3534
(5月初旬の画像)

それから、もうひとつ気になっているのですが、
今年、夏ごろに販売予定といっていたキリンさんのセンペル、
どなたか、出会った方いらっしゃいますか!?

記事再掲載
抜粋記事
ブルームバーグ[ 2005年2月17日 ]
氷点下20度でも枯れない…キリンビールが植物販売へ (読売新聞)

氷点下20度でも枯れない「ヘーベ」「センペルビブム」や、
同10度でも枯れない「セダム」など計6種類を、
デンマーク最大の花き園芸総合流通会社から
キリンの子会社を通じて輸入した苗を増やし、計約1万苗販売する。

今年の夏ごろには首都圏や近畿、北海道などの
園芸専門店やホームセンターなどで1苗数百円程度で売り出す予定だ。

「ヘーベ」と「センペルビブム」は水も週に1回程度やれば済むという。
キリンは、北海道などでの需要や、植物を世話する時間があまりない人の
需要を開拓できると期待している。

という記事だったのですが、未だ、キリンさんのセンペルには出逢えていません。

などなど・・・・・
ヨーロッパのように普通にホームセンターなどでセンペルに出会えるくらい
普及してくれると嬉しいのですが、
日本の気候ではなかなか難しいのかな!?

==追記==
この記事に関してアグリバイオ(株)キリンに問い合わせた結果
下記のような回答をいただきました。
ちょっと残念でした。

弊社では昨年の2月に「センペルビウム」や「ヘーベ」、「セダム」を含む多肉植物の販売を企画しました。そして検討の結果、品目を「エケベリア」と「ペペロミア」に絞り販売致しました。しかしながら、今年に関しましては残念ながら販売を行っておらず、また、今後に関しましても未定でございます。

| | コメント (4)

2006/11/11

秋・・・・

立冬も過ぎたのにこのタイトルはいかがなもの!?
という感じですが・・・・・・・・

100_5515
落ち葉に埋もれた「オパール」

100_5514
秋の夕暮れはつるべ落とし、西日を浴びた「十二の巻」「ワーテルメイエリー」

100_5513
いくら食欲の秋とは言え、天使もプクプク・・・「天使の雫」

多肉ブログから、身近に感じた秋でした。

| | コメント (0)

2006/11/10

セネキオ

100_5502
セネキオ・七宝樹錦
表情を変えずに、知らない間に成長しているという感じの多肉です。

100_5506 100_5507
セネキオ・白寿楽
しずく型がかわいいセネキオです。花芽があがっています。

先々日のマサイの矢尻もそうですが、
セネキオは、ほんとに世話いらずです・・・・
どんなに水を涸らしても、環境が悪くても粛々と生きている。
Very! (* ̄▽ ̄)db( ̄▽ ̄*) Good!!
そんな強さを持ったあなたを見習いたいです(笑)

| | コメント (7)

2006/11/09

FROM OREGON

先週、オレゴン州からやってきた白熊さんです。

100_5460
<Cotyledon ladismithiensis>
1週間が経って、ちょっと落ち着いてきたのでお披露目です。

100_5461
お約束のお爪もかわいい、(^w^) ぶぶぶ・・・

100_5442
そしてオロスタキス・スピノーサ
<Orostachys spinosum var.minutum>

100_5444
このロゼットが・・・(´vωv`*)。o0○ ポワン

センペルも注文したかったのですが、
今回は、グッと我慢して違う多肉を注文してみました。

セダム7種類・ハオルシア3種類・ロスラリア3種類・
オロスタキス2種類・テクトルム2種類・コチレドン1種類

ほしかったセダムが何種類か入手できて、ちょっと幸せな気分です。
タイミング的には徒長も傷みも少なくてよかったのかなぁ?と一安心
休眠中のものもありましたが、また順次UPしていきたいと思います。

| | コメント (6)

2006/11/08

混在しています

多肉の寄せ植えではありません、ただ単に混在しています"A^^;

100_5487
セダム・「ドラゴンズブラッド」&「ヒスパニクム」

100_5488
セネキオ・「マサイの矢尻」&「コリウス」

100_5503
セダム・「コーラルカーペット」&「カタバミ」

みんな仲良く居ます。
ただ、コーラルカーペットは家の北側の植え込み・・・・
やはり、ちょっと日照不足です。
・・・色づきは望めないかも(v_v)
南側に移したいのですが、場所が・・・・・

| | コメント (2)

2006/11/07

元気な姿に・・・

セダム・ホワイトストーンクロプ
今年の夏に徒長させてしまいましたが、少し元気になってきました。
100_5272

でも、入手した当時の様子には程遠く・・・
全く別物の様です(v_v)

Whitestonegurope
’05.8.13の画像
下葉が落ちて、茎の途中から根がでています。
植替えが必要なようだったのでこの時、植え替えました。

100_2137
そして’05.11.17の画像。
こんな風にもう一息、
うまく成長してくれますようにオネガイッ…(*゚。゚)m。★.::・'゜☆

| | コメント (4)

2006/11/06

ミセバヤ

100_5483
班入りミセバヤの一枝に花が咲きました。
2年くらいお世話してきたのですが、毛虫に食われたり、
枯れこんでしまったりして・・・・たった一枝残ったみせばやでしたが、

100_5484
枝先に可愛く咲いてくれました (∩.∩)嬉しいのでド・アップです。

...........。。...........。。...........。。...........。。...........。。...........。。...........。。...........。。...........

そしてこちらは、ミセバヤとよく似た花を咲かせた、セダム・プルケルム。

100_5479

冬姿&新芽も準備できて丸い葉のロゼットに姿を変え始めました。

| | コメント (0)

2006/11/05

目測によると

100_5496
花いかだの花が咲き始めました。

この画像だけ見ると収まりがいいのですが・・・・


100_5495
実は、なが~い花茎を巻き付けています。

ベルを付けたらクリスマスのリースにつかえそうな・・・
紙垂(しで)や稲穂をあしらえば、お正月飾りになりそうな・・・。
と、馬鹿げたことイメージしながら、どれくらいの長さがあるんだろう
せいぜい60cm位かなという目測をしてみた。

100_5497
しかし実際、巻尺で測ってみたら、)゚0゚(・ナ・なんと1メートル近くもありました。
自分のあてにならない目測にちょっとショックでした(v_v)
でも、よくのびたなぁ~

| | コメント (6)

2006/11/04

謎・アエオ

今夜は、ここ三重でも
ちょっと柔らかいオイルヒーターくらいの暖房がほしいかな?と
云うくらい冷え込んできましたね。

外の多肉たちにも気遣いが必要かも・・・・

こちらは、うちに来てから、2年目かな?
100_5347
名前が依然、判りません。


100_5349
こんな風に枝分かれして伸びていきます。


100_5350
近づくとこんな感じですが、どなたか名前、判りませんか?

| | コメント (8)

2006/11/03

秋蒔きセンペルの記録

秋蒔きセンペルもようやく本葉がでてきました。

100_5316
10月17日の画像。

100_5317
ずいぶん後付け記録ですね (*^▽^*)ゞ。

今日、見てみたら本葉が双葉を覆い隠すぐらい大きく育っていました。
でも、この込み込み具合はうまく種が散りばめて蒔けなかった証拠です。

| | コメント (0)

2006/11/02

小型ハオルチア

最近、小型群生種のハオルチアに出逢う機会があり、
我が家に集まってきた仲間を紹介します。

* * *

100_5386
レチクラータ(v)フルリンギー
MBB(sv)ゴードミン
京都シャボテン大会で出会ったものですが、
(v)(sv)は交配種でしょうか!?

追記:レチクラータ→レティキュラータ
<Haworthia reticulata >
* * *

100_5383
ハオルチア・白寿殿

多肉先輩からいただきました。

* * *

100_5375
ウンブラティコラ

こちらも、多肉先輩から分けていただきました。
小型群生種のハオルチアがあることを知るきっかけになりました。


100_5372 100_5373
そしてこちらの画像は
多肉植物日記。 の emi さんにお世話になって
入手していただいたウンブラティコラかな!?と思われるオブ山さんです。

プチプチッと群生した姿もとっても可愛いですね。

| | コメント (4)

2006/11/01

ディスキディア

100_4920
以前ディスキディアのエメラルドネックレスという多肉に出逢いましたが、
また、近所の花屋さんでディスキディアに出逢いました。

名前はディスキディアルスキフォリア<Dischidia ruscifolia>
ディスキディアの特徴・2枚の葉っぱが対になって並んでいます。
ちょっと地味な様相の多肉ですね。


100_5336
こちら、再登場の寄せ植え・・・・

以前、横からの姿で「ブタさん??」と、問い合わせがありましたので・・・
今回は正面からの画像で・・・・
○○さん“ヘ( ̄- ̄ )かもぉん♪・・・・熊さんですよ!

| | コメント (8)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »