« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月

2006/06/30

画像を切り取って・・・

多肉植物のリングを繋いでいるお隣、多肉植物日記。emiさんのブログ
多肉植物の画像を使ったCDジャケットを見てしまいました。
なんか、いい感じだったのでわたしもバナーか何か作りたくなって
いくつか画像を切り取ってみました。

Img30
群生するエケベリア。


Img33_1
春先のアエオニウム・黒法師。


Img35_1
もうひとつ、爽やかなアエオニウム。


Img46
丸っこいプクプク感がいいトレレアシー


Img43
紅葉覚めかけのセンペル。

どれにしようか!?考え中。

↓↓↓これがそのCDジャケット
■送料120円■小野リサ■CD【TAKE ME HOME COUNTRY ROADS】■'06/6/14発売

| | コメント (4)

2006/06/29

センペル救出作戦・・・Report3

センペル救出作戦
花芽を欠き取ってから10日目の報告です。
100_4181
ずいぶんロゼットの形が乱れてしまいましたが、
葉の間から新芽らしきもの・・?がでてきました。

花は・・・というと・・・・
100_4179
咲いたというか・・・
養分をもらうはずの根や茎から切り離されたのだから
当然、といえば、当然なんだけど・・・・なんだか、とっても辛そうに見えます。

いかに、花を咲かせることにエネルギーを費やすのかがよくわかります。
開花のために蓄えられた養分が、芽吹きのエネルギーに変換されたのですね。

これは、なんとしても、この株を存続させなければ・・・・。


*この記事の関連・・・・Part2へ


| | コメント (2)

2006/06/28

ポ-チュラカ

多肉っぽい、こんなポーチュラカをみつけました。
木立ちポ-チュラカ・プチローズ
<学名:Portulacaceae Talinum>
Img70

花はまだ咲いていないのでタグを・・・・・・
Img73
午後から暗くなるまで開花しますと書かれています。
花茎がグ~ンと伸びて小さな花を咲かせるようです。
ちょっと珍しいので一株、育ててみることにしました。

Batsu150be

もうひとつ、こんなポーチュラカも・・・・
100_4116
ゆうびポーチュラカ・サマーベビー
学名:Portulaca oleracer

従来種の花は昼過ぎでとじますが、
この品種は18~20時頃まで、長く咲いているようです。

| | コメント (2)

2006/06/27

ススワタリ

*となりのトトロの 『ススワタリ』・・・・発見!!!!
Img79510_1
ごめんなさい。白黒のまんまる目玉を描いてみましたヾ(^o^)ゞ。


Img57_1

花屋さんにうかがったら“西洋松虫草”ということでした。

マツムシソウ科/スカビオサ属(マツムシソウ属)
綺麗な紫のスカビオサをイメージするけど、こんな黒花もあるのですね。

真っ黒で、いまひとつ、1個、1個の花の形が判りにくいですが・・・

可愛い花に出逢えました。またお気に入りが増えました(o^-^o) ウフッ。


| | コメント (4)

2006/06/26

日々草

日々草。夏の花壇を彩る草花。
最近はいろいろな園芸品種が改良されてきているようですね。
花屋さんで[ちゅらビンカ]とい名前でこんなシリーズ花が売られていました。

“きらめく日差しが似合う夏色の花”というキャッチフレーズで・・・・

Img54
パープルに白いラインが爽やかな“ジュン”

Img51
赤い絵の具で描いたような“アスカ”


Img56
やさしいピンクに中心がふぁ~と紅い“サヤカ”

日々草が似合う爽やかな梅雨明けはいつになるのでしょう?

注)それぞれの花のキャッチフレーズは販売元よりの紹介文です。

| | コメント (0)

2006/06/25

雨・・ 雨・・ 雨・・。

今日も一日雨。

Img69

恵みの雨も・・・・・・・・・・

Img66_1

手放しによろこべない。

Img67

これ以上、災害が起きませんように・・・・

まだ、あすも降り続く様子。心配です。

| | コメント (0)

2006/06/24

巻絹談議

_nova_2

「巻絹は糸が巻いてないと、巻絹とちがうでな。」
(( ゚)_( ゚))ギョロ!! 
   
「そうそう、白い絹みたいな糸がビッシリ巻き付いてこそ巻絹やで。」
∑(ёロё)ホエー!!

・・・・・・・・・・・・・・・(c ̄- ̄) コッソリキコ
100_4074

とある山野草園さんで、2,3並んだ巻絹の鉢を覗き込んでいたら
聞こえてきた店主とご老人の巻絹談議が始まった。

Katatu2ugoku

いつの間にかその巻絹談議の糸にわたしも絡まっていました。
ヾ(^-^)ゞヾ(._.)〃ナカマ♪((o(*^∇^)X(^∇^*)o)) ナカマ♪ヾ(^o^)
でもなんとなく、楽しかったぁ。

おじいちゃんの白髪も巻絹に負けないくらい美しかったです。

| | コメント (0)

2006/06/23

川砂はどうかな?

産毛の姫星美人です。
100_4048
3月の初めくらいにヘトヘト状態だった“姫星美人”
残り少なくなった葉をパラパラと川砂に挿しておいたら
最近になってニョキニョキ動きはじめてきました。

・・・・・・・・・・・・・・・川砂はどうかな?・・・・・・・・・・・・・・・・

多肉の中に葉のベタベタ系とか、うぶ毛系とかありますが、
いつも植え替えるときに土がついて、葉から土を払い落とせない
状況だとか、水遣りのとき土はねで葉が汚れたりする場合があるけど、
この“うぶ毛”たちを見ていて、川砂も表土にはいいかも・・・・・?
と思えてきました。少しずつ植え替えのときにためしてみよっと。

Orange

星砂だったら姫星さんだからもっと相性がいいかも・・・ナンテ。
カルシウム分もあるしなぁヾ(-ω-`o)=ε3=ε3=ε3=ε3。


| | コメント (4)

2006/06/22

チョイス

通販で多肉植物を入手することもあって、
カタログ画像や商品説明とかを参考に購入するわけですが、
(あと・・・・もちろん値段、いろいろ経費もね(\_\;)
それでも植物のことだから、
季節や育った環境によって様子が違っている場合もあります。
そこで、何がいいか判らなくなった時の私のもうひとつの選択方法。
名前から受けるイメージで決めたり・・・(賭けみたいだけど・・・!?)
でもけっこう、荷を開けるまでとか、成長の過程とか楽しみにだったり、
時に、意外な姿をみせて楽しませてくれたりするので、
こういう選択方法もありかな!?と思って選ぶこともあります。

その1   “モナリザ”
レオナルド・ダ・ヴィンチ誕生55?年もあって巷でもうわさの・・・・
100_4052    マケドニア発行レオナルド・ダ・ヴィンチ誕生550年
'Mona Lisa'    *カタログ画像*

<S・M・G引用文>(商品説明)
Many tufted pointed leaves around a hairy heart form nice globes of soft green.

<Excite翻訳>
絨毛心の周りの多くの房状をなしている先鋭な葉が柔らかい緑色の良い球を形成します。

<Yahoo・Infoseek翻訳>
毛深い心臓のあたりの多くのふさのあるとがった葉は、柔らかい緑の素晴らしい球体を作ります。

<Nifty翻訳>
多数が、絨毛心のまわりのとがっている葉に房を付けました、柔軟な緑のよい地球を形成します。

<Google翻訳>
毛深い中心のまわりの多くの房状の先の尖った葉は緑の素晴らしい地球を静かに形作る。

その2   “グリーンゲイブルズ”
カナダ東部のプリンス・エドワード島舞台の、空想好きの少女と
周囲の人々との豊かな友情と愛を描いた名作。
このイメージとどう繋がる・・・!?
100_4055   赤毛のアン。モンゴメリの小説を映像化した作品
'Green Gables'   *カタログ画像*

<S・M・G引用文>(商品説明)
Velvety light green globular rosette edged with silver hair. Small

<Excite翻訳>
なめらかな浅緑の球形のバラ結びは白髪と共に斜めに進みました。 小さい

<Yahoo・Infoseek翻訳>
ビロードのような軽い緑の球状ローゼットは、銀の髪とともにじりじり進みました。小さい

<Nifty翻訳>
ビロードのような軽い緑の球状のバラ結びは銀の髪の毛でじりじり動きました。小さい。

<Google翻訳>
ビロードのような薄緑の球状ロゼットは銀製の毛によって研いだ。 小さい


*(^w^) ぶっ・・・どの翻訳(商品説明)がそそられますか?*

| | コメント (4)

2006/06/21

センペル救出作戦・・・Report2

センペル救出のために花芽を欠き取った“Cherry Frost”
まだ3日めですが、こんな動きが・・・
100_4037
欠き取った傷を隠すように葉が立ち上がりロゼットを閉じ始めました。

<先輩・『なべっちの多肉ゆんたく』さんのアドバイス>
「追記としてセンペルの花もうちょっと咲いてからえぐっても
問題ないですよ、その方が長く花を楽しめます♪」
「花芽を棄てずにさしておいたのは正解。ちゃんと花も咲くと思うお(^ω^)」
と言っていただきましたのでみなさん参考にしてみてください。

∑o(*'o'*)o ウオオォォォォ!!
花もちゃんと咲くんだ!!!やっぱり多肉の生命力ってすばらしいですね。
もぎとった花芽からも花が見られるとうかがって楽しみになりました。

*この記事の関連・・・・Part1へ

| | コメント (4)

2006/06/20

紅葉してる!?

昨日の栽培農家さん訪問の続き・・・・

ハウスの外の一部分が妙に赤く色づいている?
100_3998_1


もう少し近づいてみる!?
100_4011


もう正体お判りですね。
100_4012
そう、ポリゴナムでした。
こんなにお日様SUNSUNあたる地面がうちにもほしい!!!
きっと紅葉セダムもうまく育ってくれるだろうなぁ・・・・・!?


| | コメント (0)

2006/06/19

河原ナデシコ

100_4004
昨日の夕刻に近くの花苗栽培農園さんをたずねてみました。

100_4001
ハウスの中の様子。

多肉植物も育てておられます。
実はどうしても分けていただきたい変わり葉のミセバヤがあって
前回、訪ねた時に挿しておいていただくお約束をしておいたのですが‥‥
どうやら、すっかり忘れておられるようで(→o←)ゞあちゃー
もう言い出す勇気はありません‥‥‥‥‥‥没。

100_4014
でもその穴を埋めてくれる植物たちにであうことができました。
どうです!?このまっ白な深く切れ込みの入ったはなびら。
カールまでしちゃってます[壁]_☆)キラーッ
興味深く、名前を伺ったら“河原ナデシコ”ということでした。

もう一枚オマケに貼ります。
100_4013
清楚で涼しげだと思いませんか!?

そして偶然、coketyさんのブログ
真紅の“河原ナデシコ”を拝見することができました。
こちらも是非みてね(*^-゚)v♪

| | コメント (2)

2006/06/18

センペル救出作戦

センペルの花について
「花が咲いてしまった。」↓「咲かせてしまった。」↓と歓迎されない表現。
センペルに限らず多肉植物のなかには開花後、
株が枯れてしまうものもあるようですが、
昨年の夏に花芽ではありませんが、センペルの芯あたりから傷んできた株があって、
その傷んだ部分を深くえぐりとって乾かしておいたところ持ち直してきた株があったので
センペルも花芽の部分を欠き取ったらもしや?と思っていたところ、
先輩のHP『なべっちの多肉ゆんたく』さんで
興味深い観察記録を拝見することができました。
100_3990

そこでわたしも花芽の上がってきたセンペル‘Cherry Frost’の
花芽部分を欠き取って、この株の救出を試みることにしました。
100_3991
<花芽の上がってきた株>

100_3993
<花芽部分を欠き取った株>
欠き取った花芽もすぐ隣の土に挿しておくことにします。
花も見ようと欲張りな試み!
師匠のようにうまく救出できるかどうかは?(^ー^; )"~サア?ですが、
やってみる価値あり!!!
関心のあるかたは是非
『なべっちの多肉ゆんたく』さんの観察記録を拝読してみてください。


| | コメント (2)

2006/06/17

ビラディア

多肉植物紹介。
一見、セダムのように見えますが
ベンケイソウ科・Villadia属のグリーンペットです。
100_3980
<Villadia batesii>

花もセダムのようなのに、何ゆえビラディア!?
自生地は中央メキシコだそうです。
秋には紅葉します。


| | コメント (0)

2006/06/16

緑のカーペットを2枚

100_3988_1
こちらはセダム・モリムラマンネングサ

100_3983_1
こちらはセンペル・アラクノイデウムブリオイデス

どちらの質感がお好きですか?

| | コメント (2)

2006/06/15

福娘

きょうも多肉植物の花紹介。
100_3915
コチレドン属・福娘です。
学名<Cotyledon orbiculata yar. oophylla>
コチレドンの代表的、釣り鐘状のオレンジの花をつけます。


| | コメント (0)

2006/06/14

セダムの花

多肉植物の花紹介。
きょうは、姫星美人( ダシフィルム)の花です。
100_3972

いかがですか!?美人花‥‥!?
この記事の関連(★ココをクリック)

| | コメント (2)

2006/06/13

エケベリアの代表のような‥

多肉植物の花紹介。
この梅雨の合間にも
多肉たちは花を咲かせて楽しませてくれます。
100_3969
この花は、青い渚(セトーサ)の花です。
学名<Echeveria setosa vor. mimor>

個性的な毛むくじゃらのボディーから‥‥
どんな個性的な花を咲かせるのかって‥
少しの期待はあったのですが、
やっぱり、(普通に!?)エケベリアの代表のような花です。
ゴメンネ、勝手に期待して‥‥(∩_∩;)
100_3971

青い渚関連記事(★ココをクリック)

| | コメント (0)

2006/06/12

-FINISH-

日曜日、ベアの絵をかきあげてお届けすることができました。
Img33

この記事の関連(★ココをクリック)

| | コメント (0)

2006/06/11

つゆ草と不穏な動き

今日も曇り空、時折お日様は覗くもののやはり、梅雨空です。
梅雨といえば、つゆ草、
多肉植物にも白雪姫という(トラディスカンティア)がありますが、
我が家には大昔からこんなつゆ草が↓
100_3916
観葉植物として育てていたものが、はびこったトラカン。


100_3845
透き通る葉っぱのピンクのトラカン。

話題は変わって‥‥
100_3919
今が盛りの‘蛇イチゴ’

100_3920
これも今が盛りの‘キンケイ菊’

イチゴはすぐにアリやナメクジのえさになってしまいます。
キンケイ菊は今日モンシロチョウがとんでいました。
不穏な動きです(v_v)
青虫や毛虫が発生しなければいいのですが‥‥
この時期の憂鬱です。


| | コメント (0)

2006/06/10

梅雨の晴れ間

梅雨入りしましたね。
でもきょうは梅雨の晴れ間、
デジカメを手に、セダムや多肉を見回りに行くと‥‥
100_3925
100_3922
100_3926
100_3923
こんな画像が撮れました。


| | コメント (6)

2006/06/09

看板を描いています

100_3885
今日はペイントの話題です。
知人が新しく‘子どもの本屋’さんを始めるので
そのお手伝いで今、その看板を描きすすめています。
←制作途中の画像です。

100_3887_1

上には子どもたちが喜びそうなベアの挿絵を‥‥‥

この黒板をイメージした黒い部分に
営業時間、定休日などの案内を書き込む予定です。


100_3890_1


縦115cm、横60cmのオーバルの
木製テーブル天板の素材を使いました。
縦、横、クルクル回しながら描き込んでいくのですが
結構、重量(3kgくらい!?)があるので
手首が疲れてきます。

自分もその描きかけの看板の廻りで、
縦になったり、横になったり(サボり)、遠目に眺めてみたり‥‥‥
看板の廻りをクルクルまわって制作をしているこの頃です。
"A^^;‥‥今週末には仕上げなくては‥‥‥

| | コメント (0)

2006/06/08

牡丹と藤

多肉植物紹介‥‥センペルビブム属
もう藤も牡丹の季節も終わってしまいましたが‥
今日はセンペルの‘牡丹と藤’を紹介します。
100_3895
<紅牡丹>

100_3898
<紫牡丹>

100_3900
<姫牡丹>

100_3901
<雪牡丹>

和名センペルもなかなか素敵です。
あなたはどの牡丹がすきですか!?

100_3904
<藤がさね>

100_3905
<藤壺>

センペル藤‥どちらもうぶ毛系のセンペルです。
渋い色合いがいいですね。


| | コメント (4)

2006/06/07

多肉植物管理のおすすめアイテム

**ちょっと便利なおすすめアイテム<Vol.1>**
最近増えた多肉植物の管理のためにみつけたいろいろを紹介します。

挿しラベル対応:<br />
スリット角鉢 90型
♪挿しラベル対応‥スリット角鉢 90型

♪たくさん種類の増えた植物の管理に‥‥‥‥
正方形だから、きちんとスッキリ並べられます。
<容量0.25リットル>私はブラックを購入。

角鉢用 挿しラベル
角鉢用 挿しラベル

よくラベルが飛んで名前が`s(・'・;)エ-トォ .........と
困った経験はないですか!?
上の鉢専用でピッタリ!
飛んでいったりする心配はありません
(b^ー゚)! ベリーベリーグッド!(゚∇^d)~~


角型24穴トレー
角型24穴トレー

♪スリット鉢:角型90が24個入る トレーです。
雨や日差し調節の際にまとめて動かせるので
トレーにいれて管理すると、とても便利です

ラスティックウィンドウ プランターラック
ラスティックウィンドウ プランターラック

♪ベランダの手すりにもしっかり止めることができ、
上で紹介した角型の鉢がキッチリ10個収まるすぐれものです。
W800×D100×H120

武田オルトラン水和剤1グラム×10袋
カイガラムシなどの虫対策におすすめです。


天然植物活力液HB-101 100ML
天然成分なので植物に優しく効きます

100_3882
私もこんな風に‥‥センペルを‥‥
以上、ちょっと実用、効率に偏った紹介ですが、どれも優れものです。
次回はもう少しインテリア性も考慮したアイテムを紹介したいと思います。

| | コメント (2)

2006/06/06

北海道色丹草

白いセダムのような花をさかせていたので近づいてみると
タグには「北海道色丹草」という名前が‥‥‥
100_3875
なんだろう!?なんの仲間だろう!?と興味深く
本日のお持ち帰り植物となりました。


ネッ!‥‥セダムっぽい顔しているでしょ?
100_3877


でも調べてみると山野草の仲間なのですよ。
和名:北海道色丹草(ユキノシタ属)
学名:Saxifraga bronchialis

サキシフラガ!?
先日も記事に書いたけれど
サキシフラガ・ロンギフォリア
またサキシフラガに出合った。

今のこの株には花はないのですが
100_3880
花もなんとなく、ベンケイソウのセダムっぽい花が咲いているのですよ。
ここをクリック(参考)
この植物、ちょっと興味ありませんか!?

| | コメント (2)

2006/06/05

DVDプレイヤー&TV

この叔父様はだれ‥!?
答えは画面の中に‥‥(クリックしてみてください。)
100_3868
DVDプレイヤーを買い求めて接続してまず画面に現れたのがこの方‥
「やぁ、お久しぶり」
自分でも風貌が変わったことをしきりに嘆いておられましたが‥‥。
いやいや、素敵です。
番組は‘MUSIC FAIR 21’
30周年記念と題して‘松山千春ライブ’が放送されていました。


100_3870
「自分で責任の取れる人生を歩いていたい‥」
(*゚▽゚ノノ゙☆千春さんらしい自分の言葉で語ったコメントが‥‥♪
次から次へと飛び出てきます。
「おまえら、単位のつかないもの大切にしろっ!」
「親から子への愛情とか‥‥、恋人を思う気持ちとか‥‥」

‥♪‥♪‥♪そして‘時流’の熱唱‥♪‥♪‥♪

100_3872

恵 「杏樹さんは、千春さんに‘男の色気を感じる’そうですよ。」

千春「おぉ~、もっと髪あるうちに出逢ってたら良かったなぁ。」(テレル)

杏樹「とても優しいこころの温まる詞を書かれて‥‥」

千春「おりゃぁ、結婚したら冷たいぞっ‥‥!」

恵 「ほんと、冷たそうですねぇ‥‥(笑)」‥‥‥‥(笑)

質問:今後の活動は‥‥???
回答:天才の明日は読めない‥?などなど、楽しいトークを交えて
あっという間の30分。

100_3874
<最後の記念撮影の場面>



家電屋さんであくまでもDVDプレーヤーなので
TVの画像がきちんと映る保障はありませんよ
といわれましたが、TV Tunerを接続してこれだけ見れれば納得です。

1日遅れのレポートでした。

ε=ε=ヘ(´・ω・`;)ノ ウワッ!!

これなんのレポート???????

| | コメント (0)

2006/06/04

姫秋麗

多肉植物紹介。

グラプトペタルム属の‘姫秋麗’です。
100_3857

名前のとおり秋麗を小さくした感じでロゼットの径が1~2センチくらいです。
100_3860

ちょっと触れただけで葉がポロポロ落ちるので心配していたのですが
落ちた葉から芽が出ているのを今日は確認しましたヘ(^^ヘ)(ノ^^)ノ♪

| | コメント (0)

2006/06/03

オキシペタルム

マーガレットが咲き終わった植栽に
オキシペタルム・ブルースターが咲き始めました。
100_3864

学名: Tweedia caerulea <Oxypetalum caeruleum>
科名: ガガイモ科
属名: トゥイーディア属
性状: 常緑蔓性多年草

100_3866
昨年春に苗を植えて今年はたくさん蕾みをつけています。
これからの時期、涼しげなブルーの花もいいですね。
特に何の手入れもしなくても今年も花を見せてくれたので
比較的丈夫なようです (∩.∩)
一株お家にいかがですか!?お勧めします。

宿根だと思っていたら常緑蔓性多年草 ということで(;^_^A
‥‥‥冬場も葉っぱあったかな!?‥‥‥
多肉にもガガイモ科の植物がありますが‥‥
そう考えるとガガイモって葉や花姿にずいぶんバリエーションがありますね。


| | コメント (0)

2006/06/02

センペル・悲喜こもごも‥

100_3850
▲輸入センペル、お気に入りの‘パシフィックグレイス’がランナーを伸ばし始め
根付いてくれたことにホッと一安心。

100_3849
一方ではセンペル
「花が咲いてしまった。」↓「咲かせてしまった。」↓とトーンダウンな
声が聞こえてきそうなこの頃。
私も例外なく、ランナーも伸ばさずに「花が咲いてしまった。」という報告です。
でもせっかく花を咲かせたのだからしっかり画像に収めて愛でてあげたいと思います。

一方、センペル(多肉)実生中の私としては‘自家受粉するのかな!?’
興味津々なんだけど‥‥どなたか知っている方教えてください(*- -)(*_ _)ペコリ

| | コメント (0)

2006/06/01

センペル種まきからの記録

今回、種 から育てることになって用いたセンペルの種

<種子の説明>

  • 科名:ベンケイソウ科
  • 英名:HOUSE  LEEK
  • 学名:Sempervivum
  • 発芽:21-26℃で14~42日
  • 覆土:表面

プランクトンのように とても小さな種です。

プロトリーフ さし芽・種まきの土 14L

用土は多肉実生初心者なので、配合済みのさし芽・種まきの土を用いました。

4月1日にちいさなトレーに蒔きました。

用土が充分に水を含むようなので あえて腰水はしませんでした。

4月5日発芽確認、まだ画像に収められそうも無いほど小さい芽。

4月6日、なんとか画像に撮ることができたセンペルの芽(下)

100_3206クリックしてみてください。

 4月17日 双葉がかなりしっかりしてきた様子(下:画像)

100_3360_1

▼4月25日 双葉の間から本葉が姿を現しました。

100_3465

▼5月2日 種まきから1ヶ月経過

000_0383

どんなふうにロゼットを巻いて成長していくのかイメージがつかめるこの頃。

▼6月1日 種まきから2ヶ月経過

100_3733_1

「ほら、こんなに大きくなりました。」と報告したいところですが、

ロゼットの巻きは増えたものの、

大きい方で直径が1㎝くらいに成長したくらいです。

2ヶ月目でこんな感じで、ほんとうにゆっくりの成長です。

そろそろ肥料や、もう少し広い場所への移植が必要かな!? と思っています。

| | コメント (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »