« ルビーネックレス | トップページ | アルブカ・ナマクエンシス »

2006/05/03

東奔西走(栃木・山梨・群馬)新緑の旅

今回の旅行は栃木県・宇都宮を足場に‥‥
一日目(4月30日)の目的地は山梨県北杜市・小淵沢
100_3505
100_3506
ナビは東北自動車道~
東京外環状~
中央自動車道を選択。
オオーw(*゚o゚*)wおよそ300km
100_3507
♪~中央フリーウェイ、
調布基地を追い越し山に向かって行けば

 中央フリーウェイ、
右に見える競馬場 左はビール工場~♪‥‥と
右は府中競馬場、
左手になるほどモルツビール看板を見送りながら
中央高速を東に向かって走ります。
100_3509
100_3511
まだまだ、
山に向かって走る~
この道はまるで滑走路!?
どこに行くというのだろう!?

山は新緑。
場所によってはまだ山桜が満開。
100_3519
およそ、4時間。やっと、到着。
連休スタートにしては順調な展開です。
八ヶ岳、頂のほうはまだ雪模様。
駐車場に白く写っているのは雪ではなく
白い芝桜です。
*
*
*
*
今回この旅行のきっかけを作ってくださった
花パークの温室担当の方にごあいさつをして‥‥
すぐ近くの育苗センターへ移動
100_3527
暫らく、
ペレニアルガーデンさんのお花をお楽しみください。
100_3531
100_3533
100_3535

書籍‘ターシャの庭’でも紹介されていた
ケンマソウの白花。
100_3536_2
100_3538
100_3540_1
100_3545
100_3547
100_3534
100_3548
100_3539

*
*
*


会えましたO氏に‥‥。
(*- -)(*_ _)ペコリ
(今回、この記事に書くことおことわりしていないのでO氏と記載します)
NHK趣味の園芸などにも出演されている
宿根草研究の第一人者でもあられる方です。

「セダムを集めているんですか?」と問いかけられ
いろいろお話をしながら温室を案内してくださいました。
イワレンゲやセダム、
他にもアエオニウムやセンペル‥‥
どれもうまく育てられているので
同じ目にするセダムでも違うものに見えたり‥‥
紅葉したセダムやセンペルの色つき具合も
すばらしかったです。
*
*
手にしたセダムやセンペル、アエオ、イワレンゲのいくつかの種類を
惜しげもなく、分けてくださってとても嬉しかったです。
ほんとうはハウスのお写真やO氏のお写真も
撮らせて戴きたかったのですが‥‥、
お忙しそうな中だったので言い出せず‥‥
名前の取れた植物にもすぐさまタグに
名前をスラスラッと書いて付けてくださいました。

*この植物たちは、後日アルバムに加えますのでまた見てくださいね*

100_3550
帰りは一般道を行くことにし、
途中、甲斐大泉、といえば‘八ヶ岳倶楽部’
寄らないわけにはいかないので
ちょっと立ち寄りました。
100_3552
100_3556

レストランのテラスから雑木林を眺め‥

100_3555

中庭の植物売り場で多肉たちを見せていただいて
ギャラリーへ向かうとそこでは
柳生真吾さんに出会うことができました。
「こんにちは。」とあいさつだけ交わして‥‥
柳生さんは最近出版されたご自分の本の幾つかに
サインをされていました。
寄植えデザインBOOK
寄植えデザインBOOK
著者:柳生 真吾,田辺 正則
販売元:誠文堂新光社

上の焼き魚風の多肉のタペストリーもこの本に載っています。
*
*
*

100_3557
100_3560


*
*
*
帰りはひたすら一般道を‥‥
左に雪の残った八ヶ岳・茶臼山を眺めながら
R141を北へ‥‥‥
100_3563
)゚0゚(‥「佐久市」ここにも立ち寄りたい多肉やさんもあるけど
もう時間が‥‥また次回と、自分に言い聞かせて‥‥
群馬県・下仁田‥‥館林、佐野を経て宇都宮へ戻ります。

*
*
*
明日はまた、館林市を訪ねます。
*
*
*
5月1日
100_3584
きょうはまた気温がグッと上がって、
丁度、お昼頃‥‥‥
こちらでも前々日に、
思いつきみたいに電話を入れお邪魔させていただいたのですが、
とてもこころよくハウスを見せてくださいました。
個人の趣味家の方でここまで素晴らしく栽培されていることに
とても感動しました。
*
*
*
今日の気温の上がり方と多肉熱!?で
帰りの新幹線は半分熱中症気味で‥‥バテテいました。
そんな、こんな連休の始まりで、
訪問を快く受け入れてくださった栽培家さんと
東奔西走、
何百キロも車を走らせてくださったドライバーさんに感謝。
で、今回の旅の終了。
連休後半は植物のお世話と
今回の訪問をこころよく受け入れてくださったり、
協力してくださった方々にお礼の手紙を書こうと思っています。

|

« ルビーネックレス | トップページ | アルブカ・ナマクエンシス »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。