« 最も小型のセンペルビブウム | トップページ | センペルビブウム・百恵 »

2006/04/07

ハオルシア・宝草錦

100_3145

100_3146

100_3149

宝草錦(タカラグサニシキ)

  • 学名  Haworthia  Cuspidata  f. Variegata
  • 科名・属名  ユリ科・ハウオルチア属
  • 特徴 やわらかい葉に黄色の斑が入る種類。径7cm。
  • 栽培、ふやし方 摘心後出た子をさし芽。        参考;NHK出版

                                             サボテン・多肉植物ポケット事典

ハオルシアは私のまだ未開拓の多肉です。

でも、透明な葉がきれいなので‥‥入手してみました。

実生を試みる場合に同一株では受粉しないということです。

ですから、交配種も多いとか‥‥

|

« 最も小型のセンペルビブウム | トップページ | センペルビブウム・百恵 »

コメント

くゆらさんこんにちわ!
今日知り合いの方からオブツーサいただいたんですよ
鉢にいっぱい子が出てたから
そろそろ株分けかなって思ってたから
声かけておいたの、
そしたら今日持ってきてくれました!
ヤッタ―
名前もちゃんと教えていただいたけど
これも交配種?変種?
オブツーサにVがついてたから。。
ハオ軟はクーペリー系(はっきり名前わからない)が
一つあるだけなので
きらきら窓のキレイなオブちゃん!かわいい!

投稿: cokety | 2006/04/07 00:36

きらきら窓、いま拝見してきましたよ。
オブツーサはこのきらきら窓が、誰をも魅了するのでしょうね。
私は記事にも書いたようにハオ・オブは未開拓の多肉なんです。
この魅力に魅了されて集めはじめると収集がつかなくなりそうで怖い(笑)
クーペリー系・マジョール系・ベヌスタ系といろいろあるのですよね。
その違いわかりますか!?
わたしはその違い、先日、M氏から伺いましたが‥‥
なんだか難しそうです(v_v)

投稿: くゆら | 2006/04/07 09:07

この記事へのコメントは終了しました。

« 最も小型のセンペルビブウム | トップページ | センペルビブウム・百恵 »