« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月

2006/04/30

庭の草花

我が家の庭にはびこっている草花の一部を紹介します。

100_3429

“モロッコなずな”去年の夏、花の終わった状態で

園芸店で処分苗で買ったこの苗ですが、“モロッコ”という名前だけに

惹かれてかってみましたが、可愛い花をさかせました。

100_3474

“蛇イチゴ”正式名かどうか!?ですが、

これも我が家の庭にはびこっている草花のひとつです。

初夏から赤い可愛いイチゴの実をつけます。

| | コメント (0)

2006/04/29

緑色の花!?

100_3485

セダムです。ベンケイソウ科の多肉植物なのですが、

詳細名は判りません。“丸葉万年草”に似ていますが、

葉がもう少し大振でツヤツヤしています。

よくみると、花が咲いています。

丸葉万年草は黄色い花を咲かせ」ますが、これは緑色の花のようです。

どなたか名前の判る方、宜しくおねがいします。

| | コメント (0)

2006/04/28

セダムを求めて

100_3441

セダムをもとめて
ふらっと近所の“はるみ園”さんを訪ねました。
出逢えたセダムはこの“パリダム”
こんなかんじのセダム、よく出会うのですが
いつも違う名前で‥‥困惑。




100_3439_1



そして、“子持ちレンゲ”
花をさかせた親株はやっぱり枯れてしまいます。
このランナーからでた小さな子株を
挿して次の年に繋げます。





100_3424

これは、春咲きグラジオラスとも呼ばれる
“トリステス・コンコロール”
昼間は少しも香りがしないのに
夜になると強い香りを放つという不思議な花
なるほど‥‥そのとおりでした。





100_3428 おしまいはマーガレット“プチハート”
学名:Rhodanthemum
花茎がスックリ伸びて風にふかれ
ゆらゆら咲いている姿がとても可愛かったので
連れて帰ってきました。

| | コメント (0)

2006/04/27

マーガレット

お友達からいただいた鉢植えのマーガレット。

玄関まえに地植えをしてから、今年で2年目です。

100_3472_1

植栽からこぼれるほどの大株に成長して

今年も可愛い花を咲かせてくれました。

| | コメント (0)

2006/04/26

セダム‘スプリングワンダー’

100_3404

ベンケイソウ科・多肉植物紹介

今日はセダム属、わたしのお気に入りセダム

‘スプリングワンダー’

100_2230

▲これは、昨年秋(11月23日)の画像。

000_0201

▲これは2月18日の様子。

株の根元から新芽が顔を覘かせていました。

100_3397_1

▲4月22日撮影

たくさんの蕾みをつけて、可愛い花を咲かせてくれました。

| | コメント (0)

2006/04/25

リトルジェムの葉挿し

100_3321_1

ベンケイソウ科の多肉植物・セダム属‘リトルジェム’

去年の秋、

長野県のナーセリーでオーナーさんがスコップもなしで

柔らかい土から、片手でざっくりつかんで分けてくださったリトルジェム。

蕾みをつけ花茎がグ~ンと伸びてきました。

そんなにたくさん花を咲かせても‥‥と思い、

伸びた花茎をいくつか摘んで、葉挿しをすることにしました。

100_3310

100_3314

ε3(゚ー゚ ) クシャクシャ (゚ー゚ )ノ⌒゚□ ポイとばら撒いたけど、

ちょっと雑、だったでしょうか!?

大丈夫、きっと芽吹いてくれると信じて‥‥。

次回の報告まで気長にお待ちくださいね。

100_1363_1

| | コメント (0)

2006/04/24

セダムの季節

100_3400

セダムの綺麗な季節になってきました。

きょうの多肉植物紹介はベンケイソウ科・セダム属。

コーカサスキリンソウ‘トリカラー’

100_3399

‘五色ミセバヤ’とも呼ばれているようです。

| | コメント (0)

2006/04/23

ロハスな暮らし

昨日、いつも行く雑貨屋さん・With  Counrtyさんを覘いてみました。

オーナーの田中さんはたくさんの荷物の梱包を忙しそうにされていました。

4月27日から5月2日までJR高島屋で催される

‘ロハスなくらし’展に出展するとのことで、その雑貨の梱包をされていました。

LOHASとは Lifestyles O Health And Sustainabilityの頭文字をとった造語。

心と体、そして地球環境に優しい‥‥

そんな新しい価値観を持ったライフスタイルのことだそうです。

ナチュラルカントリーというスタイルもこのテーマにのっているのでしょう。

モンテローザ(京都)、ウィズカントリー(三重)、メイド・イン・アース(東京)

ワイルド・ツリー(長野)、チャパカ(愛知)などの雑貨店が出展するようです。

田中さんお勧めは‘プー・コニュ’という名古屋大須にある雑貨屋さんの

‘多肉植物のアレンジ雑貨’だそうです。

(いや、これは私が多肉好きと知ってのPR‥‥!?)

アンティーク風・ナチュラル・天然成分・マクロビオティック・オーガニック・ヘルシー

こんな言葉が飛び交うロハス展らしいです。

関心のある方はどうぞ‥‥足を運んでみてください。

そしてまだ、田中さんは精力的に同時にこんなことも

↓ ↓ ↓

100_3422

田中千津子さんオリジナルの古布のカントリードールや小物の作品展です。

こちらも是非、足を運んでみてください。

| | コメント (0)

2006/04/22

モアカークスメリット

ベンケイソウ科・多肉植物紹介。

きょうはセンペルビウム属‘モアカークスメリット’

100_3104

産毛のきれいなセンペルです。

鉢も窮屈そうになってきたので

3月末に植え替えをしました。

100_3395_2

4月22日撮影。

秋に紅葉した色も醒めてランナーを伸ばし始めました。

| | コメント (0)

2006/04/21

多肉の花・クリスタル

100_3369

多肉植物の花紹介

きょうはエケベリア・クリスタルの花です。

100_2861

| | コメント (2)

2006/04/20

センペルのランナー

100_3101

06,04.02撮影

ベンケイソウ科の多肉植物紹介

きょうはセンペルビブム属の‘オッセティエンセ’

これも比較的小型のセンペルです。

今はセンペルたちも成長の時期でランナーを伸ばしはじめています。

上の画像より2週間経過の様子が下の画像です。

100_3366

06,04.17撮影

ランナーが交錯しています。

センペルたちはこうやって繁殖していくのですね。

  

| | コメント (2)

2006/04/17

大きさの対比

どちらも、このブログ2回目登場のセンペルです。

左:我が家の大型センペルということで紹介したロイアナムテクトルム

右:最も小型の変種ということで紹介したアラクノイデウム・ブリオイデス

100_3368

どちらもランナー伸びてきている成長株です。

右のアラクノイデウムが平均・径1㎝くらいなので

左のロイアナムの大きさのご想像がつくかと思います。

| | コメント (0)

2006/04/16

黒法師

100_2659

多肉植物の紹介、きょうは、黒法師です。

  • 学名  Aeonium arborem atropureum‘Schwarzkopf’
  • 科名・属名  ベンケイソウ科・アエオ二ウム属
  • 特徴  黒色の葉は特異な美しさを見せる。日照不足では緑変する。夏の高温多湿を避け、夏の水やりを控える。
  • 栽培・ふやし方 さし芽、胴切り 

100_0106

これは火山礫に少しのミズゴケで植えられています。

文字どおり‘真っ黒’です。

Prm51

こんな色合いの表情を見せることも‥‥

これは、1枚目の画像と同じ株です。

(1枚目今年3月上旬ころの画像・3枚目昨年11月の画像)

100_3330

こんな時期も‥‥

注)それぞれ別の株の画像です。

100_3299

胴切りによって茎からわさわさ新芽が出てきています。

| | コメント (4)

2006/04/15

花キリン

多肉植物紹介‥‥花キリン

100_3271

  • 学名  Euphorbia  mili  f.manja
  • 科名・属名 トウダイグサ科・ユーホルビア属
  • ふやし方 さし木

赤花には“パラスアテネ”

白花には“マラソン”

桃花には“リア”

という名前が付けられていました。

| | コメント (0)

2006/04/12

トップスレンダーの綴化株

100_1285

多肉植物の紹介‥‥トップスレンダー

  • 学名  Echeveria  runyonii f. ‘Top  Splender’cristata
  • 科名・属名 ベンケイソウ科・エケベリア属
  • 特徴 細いねじれ棒状の白緑色の美しい葉を多数出す。
  • 栽培 耐寒性は劣り、冬は生育を休止する。

                     参考:NHK出版サボテン・多肉植物ポケット事典

100_3234

成長休止の冬を乗り越えて枯れた下葉の整理をしたら

こんな形になっていました。

画像: 上 05.10.13 撮影    下  06.4.9撮影

綴化株だったのですね。

綴化株には<f.cristata>というロゴが学名の後に付くようです。

| | コメント (2)

2006/04/11

スノージェイドの花

100_3202_1

ベンケイソウ科・多肉植物の花

Sedeveria ’Hummellii’

スノージェイド(ハンメリー)の花です。

スノージェイドはセダム属に分類されていることもありますが、

Sedeveria(Sedum x Echeveriaの交配種)だそうです。

| | コメント (2)

2006/04/10

クラッスラ・ブルーバード

100_3110 100_3112

きょうもまた多肉植物の花のお届けです。

名前はクラッスラのブルーバード

<Crassula Blue Bird>正式な学名かどうかは!?

<Crassula Arborescens>と紹介されているところもあるようです。

花をみるとセダムの花のよう‥‥!?

| | コメント (0)

2006/04/09

こんな種まき用土~宇宙工学ジェル

センペルの種をまくのに初心者なので、市販の種まき用土を用意しました。

追記:種子購入サイト <国内のサイト> ☆Lamb's Ear Seeds(国内のサイト) http://www33.ocn.ne.jp/~lambsear/m0.htm ☆ハーブティー専門店・e-ティザーヌ http://www.e-tisanes.com/ <海外のサイト> ☆Thompson & Morgan http://seeds.thompson-morgan.com/us/en/product/9112/1 他にも海外のサイトで名前の分かったセンペル以下なら、 Sempervivum montanum Sempervivum arachnoideum http://www.hardyplants.com/Merchant2/merchant.mvc?Screen=CTGY&Store_Code=SP&Category_Code=Sempervivum などがあります。

<種子の説明>

  • 科名:ベンケイソウ科
  • 英名:HOUSE  LEEK
  • 学名:Sempervivum
  • 発芽:21-26℃で14~42日
  • 覆土:表面

プランクトンのように とても小さな種です。

発芽まで2週間、長いなぁと思いながら、4月1日にちいさなトレーに蒔きました。

4月5日発芽確認、まだ画像に収められそうも無いほど小さい芽。

4月6日、なんとか画像に撮ることができたセンペルの芽(下)

100_3206クリックしてみてください。

よく見ると、なんだか用土のようすが

寒天やゼリーのようにジェルっぽく見えませんか!?

トレーで‘腰水’を‥‥しようと水を注ぐと土は充分に水を含んでいるようにみえるのに

水を注いだ分だけ水を吸収してしまう。そんな感じでちょっと怖くて‘腰水’ができない。

そういえば、数年前、雑誌の付録でワイルドフラワーのMIX種がついていた時に

このまま土に置くだけでOK、のような説明がついていましたが、

私はそれをあえて、バラして直播をしました。

水をやると、やはりジェルっぽい感触になっていたことを思い出します。

(そのときのワイルドフラワーの中身はワスレナグサ、セージ、カモミール、フェンネルetc)

そこで□_ヾ(・_・ )カタカタ(パソコン)調べてみると、ありました。

検索ワード:高分子吸収、用土‥‥(関心のある方調べてみてください。)

私の使った用土にジェルっぽいそれが含まれていたかどうかはわかりません。

パッケージには PH調節済み、発芽促進剤入りとは記載されていますが

いろいろ研究、開発されているのですね。

この用土が多肉植物の種まき用土としてよかったかどうかは過程をみてみないと

なんともいえませんが、これからの成長管理は私自身の責任でしょうね!?

-* * *-

ジェル繋がりでこんなものみつけてしまいました。

↓     ↓     ↓

プランタリウム(マリーゴールド)-PLANTARIUM【花言葉:予言】プランタリウム(スミレ)-PLANTARIUM【花言葉:誠実】プランタリウム(アロエ)-PLANTARIUM【花言葉:永遠の健康】
プランタリウム(レモンパーム)-PLANTARIUM【花言葉:おもいやり】プランタリウム(イタリアンパセリ)-PLANTARIUM【花言葉:勇気】プランタリウム(バジル)-PLANTARIUM【花言葉:好意】

プランタリウムというものだそうです。

NASAの宇宙工学技術が生み出したジェルだそうですよ。‥‥以下引用文

(*゚.゚)ホ・(*゚。゚)ホーーッ!!

タネが発芽し成長してゆくために必要となる栄養と水分をかねそなえたジェルによって、 小さなタネたちはエネルギーをもらって大きく成長していくことができます。

*** 花言葉もそえられていてプレゼントには興味深く、植物好きさんには喜んでもらえるかも *** 

| | コメント (2)

2006/04/08

センペルビブウム・百恵

100_3017

ベンケイソウ科の多肉植物紹介きょうはSempervivum属

“センペルビブウム・百恵”<Sempervivum‘ODDITY’>

-* * * -

何度かこのセンペルに出逢ったのですがなかなか

形の整ったものに出逢えなかったので‥‥

ためらっていたのですが、今回は待っていてよかった。

それにしても、このセンペルの名前の由来‥‥!?

ご存知の方いらしたら、教えてください。

| | コメント (0)

2006/04/07

ハオルシア・宝草錦

100_3145

100_3146

100_3149

宝草錦(タカラグサニシキ)

  • 学名  Haworthia  Cuspidata  f. Variegata
  • 科名・属名  ユリ科・ハウオルチア属
  • 特徴 やわらかい葉に黄色の斑が入る種類。径7cm。
  • 栽培、ふやし方 摘心後出た子をさし芽。        参考;NHK出版

                                             サボテン・多肉植物ポケット事典

ハオルシアは私のまだ未開拓の多肉です。

でも、透明な葉がきれいなので‥‥入手してみました。

実生を試みる場合に同一株では受粉しないということです。

ですから、交配種も多いとか‥‥

| | コメント (2)

2006/04/06

最も小型のセンペルビブウム

100_3187_1

センペルビヴム・アラクノイデウム・ブリオイデス
< Sempervivum arachnoideum var. bryoides>
欧州産アラクノイデウム(巻絹とか万代草の名で呼ばれる)の
最も小型の変種で、ロゼットが非常に小型で花茎も短く、
実に可愛らしい。              記述:アルムH・Pより引用

その小型のセンペル、中央の画像のロゼットが径1㎝くらいです。

ほんとうに小さくて可愛らしい姿をしています。

昨年植えつけ、環境に適合したのか、近頃

子株のランナーをツンツンと伸ばし始めました。

♪画像をクリックして拡大画像を ご覧ください。

| | コメント (0)

2006/04/05

セダム・薄化粧の花

100_3119

100_3120

ベンケイソウ科の多肉植物の花。

きょうは“薄化粧”です。

星型のきれいな黄色い花です。

ベンケイソウ科・セダム属

薄化粧<Sedum Palmeri>

| | コメント (0)

2006/04/04

多肉植物の花

100_3075 100_3079

きょうもまた多肉植物の花のお届けです。

名前は‘エケベリア・デレノサ’

花芽が5つも上がっていました。

株の為に花芽は2つだけ残してあとはチョッキン。

(ノω・、) ウゥ・・・ゴメンネ。

| | コメント (2)

2006/04/03

トールペイントのビデオ講座から

もう2,3年前にもなってしまうのかな!?

トールペイントに夢中になって、ビデオ講座でいくつもの作品を描いてきました。

これは伊藤万由美さんデザインのハートボックス。

案内の挿絵をみてすぐ描きたいと思い、取り寄せて夢中になって、

2日くらいでかきあげてしまいました。

そのビデオ講座ですが、まだ描かずに残っている素材も3点ばかりあるわけで‥‥

その間にテレビデオのビデオ機能が壊れてしまって再生できない状態。

これからはDVDだろうなァと思い、安いビデオデッキにも手が出ない‥‥

.+ε(・ω・`*)з゚+.゚ε(・ω・`*)з゚+.゚ε(・ω・`*)з゚+.゚ε(・ω・`*)з゚+.゚

きょうはそれとは関係なく、このココログの記事作成の画像挿入機能が働かない‥ みなさんのところはチャンと機能しているのでしょうか!?こちらのPCの設定不具合かなと思い、‘システムの復元’等を試みたものの状況は改善されませんでした。いまココログさんに問い合わせているところなのですが、回答がまだなのできょうはタグで画像を貼って投稿です。あしたには改善していますように‥‥‥

| | コメント (0)

2006/04/02

多肉植物の花

100_3069 100_3070

福兎耳とその花です。

Kalanchoe eriophylla

カランコエの4枚花弁です。

かわいいピンク色、お気に入りです (∩.∩)。

| | コメント (0)

2006/04/01

セダム・セレクト

100_2872_1

セダムサンプル!?

お友達にお分けするのにセダムの挿し穂を摘んでみました。

こんな風に名前を印字して写真に撮ったらセダムサンプル風!?

多肉やセダム好きの私には眺めていても楽しい1枚が出来ました。

このままコピーにかけて飾ろうかな~ぁ。

陰の声「もうちょっと、きちんとレイアウトしたほうがいいんじゃない!?」

そうか、なるほどねぇ。なんかこんな雰囲気を雑誌の1ページで見たような‥‥

それで、ちょっと真似てみただけなので、本気で飾ろうとは思っていませんよ。

| | コメント (4)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »