No.1239

Photogrid_plus_1645439610968

人気のリエールさんの

多肉とカレンダーセットを購入してみました。

名前の備忘録画像です^^

20220226_143618

こちらは地元の安心価格^^

農産物直売所で出会った多肉さんたち♪

|

2021/09/05

No.1238

 

7月下旬

メッセウイング三重で開催された

リエールさんの多肉フェスティバルで買い求めた多肉

 

20210904_082307

大型のエケベリア「ヘラ」

 

ここ数日で気温も下がってきたので

夏越しも、どうやら無事にできたようです♪

 

冬に綺麗なピンクに紅葉するようなので

楽しみです♪

 

でもこれ、鉢に乗っかっているだけで

あまり根っこが生えていないのです。

 

エアプランツ状態(笑)

 

20210904_082243-1

バーバラと、ジョイスタロック錦

バーバラはグラプトっぽい顔をしていて

丈夫そうな印象だったので購入したのですが

エケベリア、とのこと。

 

でも画像検索すると

転々バラバラいろいろな葉姿の画像が出て来ます。

 

多肉の名前って結構曖昧なものが

多くなってきているような気がしますね。

 

|

2021/09/03

No.1237

ココログさんからブログを更新してみませんか?

というお知らせが届いてしまいました(笑)

 

多肉熱が冷めたわけでもなく

ブログ開設が2005年6月ですから

17年以上多肉熱は継続しています。

 

途中、増えすぎた多肉をオークションで

お裾分けしたり、

寄せ植えを楽しんだりしていましたが

20210627_182519

近年の韓国苗の流入ブームには

ついていけなくなっていたかもしれません。

 

ただ、従来の丈夫な普及種の見極めは

経験から学んで楽しめている感じです(笑)

 

20210801_143218

 

20210801_143152

多肉植物を買うお店も変わってきました^^

20210730_180638

昔、高価だった多肉が

お手頃価格で入手できるようになったり

20210704_173531

いろいろ・・・・

相変わらず自分流で楽しめていることは

嬉しい事です♪

| | コメント (0)

2021/03/02

No.1236

Dscpdc_0000_burst20190523130054333

ミニチュア モルタルガーデン

100_6706

100_6695

|

2020/08/29

No.1235

多肉ではありませんが

コウリンタンポポ「魔女の絵筆」を移植しました。

20200819_061628

Dsc_0324-1

Dsc_0360

Dsc_0530 

|

2019/06/25

No.1234

Dsc_0773

あっ!可愛いセダム・・・・と思って

目が止まりました。

でも、セダム・アルブムのような顔をしていますが

こんな花が咲いています。

Dsc_0775

セダムではなくポーチュラカだったのです^^

「ピンキー」可愛らしい名前

Dsc_0772

ふつうポーチュラカ、スベリヒユと聞くと

こんな平べったい感じの葉っぱなのに

これは、一見、セダムの顔^^

寒さに弱いようですから

それに気を付けて育ててみようと思います。

|

2019/02/27

No.1233

Dsc_0104_1
金のなる木、学名: Crassula ovata

クラッスラ・ポルツラケア(英:Crassula portulacea)

園芸名では、カゲツ(花月)

屋外・寒さの中で花を咲かせています。
Dsc_0103

姫シュウレイのこぼれ葉・2枚
室内・陽の光を浴びることがなくても
頑張って成長しようとしています^^

|

2018/09/21

No.1232

たんす屋さんでアンティークな柄の銘仙の着物を見つけました。

自分でも沢山、着物を処分したのに・・・・・(笑)
Dsc_2139_1

銘仙というのは平織りの絹織物で
大正から昭和にかけての女性の普段着として、
普及したものです。

当然、そんな時代を知る由もなく・・・・・・
こうして出遭ったわけですが

古着屋さんでもこういった古い時代のものが
人気があるようです。

実際、自分の処分したい着物を
買い取りにきた業者さんも
こういった銘仙や絣の着物が欲しいのだと
おっしゃっていました。

その業者さんは時代劇や
古い時代のTVドラマなどで貸衣装として
求められる価値があるからだとおしゃっていました。

平成も終わろうとしていますが、
昭和が約63年間・平成が約30年・・・・

そんな着物が流行った時代からおよそ100年。
100年という歴史が生んだ価値なのか・・・・^^

古いものへの憧れもありますね。

実際、リメイクをしようと
この着物をほどいてみると、黒地に野菊の柄のものは
ズタズタに切り、見えない部分で継ぎはぎをしながら
仕立て上げられていたものでした。

なので、長尺の型が取れないので
スカートくらいにしかなりませんでした。

Dsc_0004_3
ラップスカート風で脇に大きなポケットを付けました。
それでもスカート丈は80cmに仕上げることが出来ました。

***
もうひとつは、仕立て直しもされていない感じで
長尺のものも型にとれましたので
エプロンドレスに仕立ててみました。

Dsc_0001
前姿
Dsc_0002_2
後ろ姿

こちらも脇に大き目のポケットを付け
後ろでも、前でもリボン結びができるような作りです^^

先日、友達に中華のディナーに誘われた時に
早速これを着ていきました^^

サラッとした着心地と、
少し肌寒く感じるこの時期には重宝しそうです。

友達にも"可愛い"と言って頂けました。

(後姿が・・・・・笑)


| | コメント (0)

2018/07/10

No.1231

Dsc_1953
ピーコッキー・プラチナレース

Dsc_1954
あまり成長はしませんが
いつもきれいな姿で凛とした姿の多肉です。

|

2017/10/03

No.1230

雨上がりの多肉たち
Dsc_4602


Dsc_4609


Dsc_4604


Dsc_4607


Dsc_4603


Dsc_4601


Dsc_4595


Dsc_4596


Dsc_4597


|

«No.1229